旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006-09-18-Mon-09:08
+日本出没記☆栗より旨い十三里半

川越編は今回で終わりです。よかったよかった。

いきなりですけど、江戸時代、川越のキャッチコピーが
栗より旨い十三里半だったんですね。

栗は九里にかけていて、十三里半というのは、日本橋から川越までの距離。
栗より美味しい食べ物って何よ?と言えば、それは名物のサツマイモ。
なんともうまくできたコピーじゃないですか。

なので街の中、これでもかと言うほどサツマイモの料理を見かけます。




こんな感じ

紫芋のソフトクリームは、当たり前なんだけど味がサツマイモ。
味と食感のギャップが楽しいですね。




一見普通のたいやきも




中味は紫芋あん。
こっちも当然ながら餡とサツマイモの味がして美味しかったです。




~番外編~

こんなに太くて長くて大きいのを見たのは初めて。
私には大きすぎるかも…




って、ふ菓子のことですってば。
一応ダイエット中だけど、ふ菓子なら許されるかもしれない…
(誰に許してもらうのかは不明、ぁ、自分か)

スポンサーサイト


2006-09-18-Mon-08:38
+日本出没記☆川越の町並み

川越に行った日は、雲が少し出ていたものの、日差しがかなり強かったです。

店の軒先に吊り下がっていたたくさんの風鈴。




中では鉄瓶とか懐かしい道具を売っていましたよ。




菓子屋横丁へ入る道
格子戸のある家もちゃんと残っているんですね。




城下町だからでしょうか、寺院もかなり密集しています。




この薬師様は時の鐘のやぐらの下をくぐっていったところにあります。

普段は、一般に開放されていても中には入らないのだけど、入ってみると外とは違う世界が広がってその平和さに癒されます。




ここでちょっと涼むのも手ですが、ここで休んでいる暇はありません。
菓子屋横丁へ直行です。


2006-09-18-Mon-03:37
+日本出没記☆小江戸散策

と書いてどこか分かった人、手を挙げて。

タイムスリップしてしまったような場所でしょう。

DSC000720.jpg


日本滞在の最終日、買ったカメラの練習を兼ねて隣町へ行ってきました。

そう、隣町なんです。

東京に住む人が東京タワーに登らないとか、大阪の人が通天閣に登らないのと同様に、近くにあると素晴らしいものでも素通りしてしまうことがほとんどなんじゃないかな。




これは時の鐘

この理容師さん、名前も銀パリなんてレトロで素敵。

DSC000830.jpg


学生の頃は毎日出没していた街なので、蔵造りの町並みを見ても何とも思わなかったのです。

DSC000850.jpg


さすがに日本を離れてみると、風情があって美しいと思いますね。

このお店は亀屋。蔵造りの店の中でも代表的なお店です。
ここの蔵づくり最中は川越おみやげにもおすすめです。

DSC000930.jpg


続く



HOME NEXT

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。