旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007-03-04-Sun-19:02
プラハに行ったよチェコはマックでレッドブル&空港でお寿司

なんとチェコのマクドナルドではレッドブルを売ってました!




ちなみに日本円で250円くらいでしょうか。

マクフルリーはイギリスにはないダイム味とキットカット味がありましたよ。
そして、これまたイギリスにはないメニュー、カマンベールチーズのフライ。思わず買っちゃいました。
カマンベールチーズのフライってありましたねえ、どこの国だっけ?やっぱりフランス?




そしてこれは変哲のない握りずしのセット

…と思うでしょ。
ところが実はここはプラハ、ルズィ二ェ空港なのです。
それも後ろはチェックインカウンター。

DSC01243.jpg


もちろん地元のシェフですが、注文したらその場で作ってくれるんですよ。
私は、海苔巻きがうまく作れない人間なので、鮭の海苔巻きがちゃんと形になっているだけでも合格点です。

DSC01249.jpg


サーモンばっかりですが、チェココルナの手持ちで買えるのはこれしかなかった。(パックの方)
これでも日本円で約2000円くらいします。
旅行中に食べた中でも一番高かった方じゃないかな。

アムステルダムのスキポール空港にあるすし屋とうどん屋さんは有名ですが、チェコの空港で食べられるなんて驚きです。
頑張れヒースロー。
スポンサーサイト


2007-03-03-Sat-12:12
プラハに行ったよチェコで食べたものあれこれ

*追加の画像があったので記事を二つに分けました*

時間があれば、旅行記&写真のプラハへ行ったよもどうぞ。

というわけで、最後はチェコで食べたものあれこれ。その1です。

ホットドック
ドイツのお隣だなと実感する時。
繁華街には屋台がいっぱい。それも安い(イギリス在住人が言ってますからあくまでも目安ということで)
ソーセージだけでも6種類くらいあるからどれにするか迷っちゃいます。




チェコの伝統料理グラーシュ
牛肉をビールとパプリカで煮込んだもの。
白いものはクネドリーキ。ポテトのクネドリーキもあるけど、これはパン。蒸しパンじゃないかな。ほんのり甘くてこれだけ食べてもいいかもっていう味。
グラーシュ自体はロシアのストロガノフの親戚って感じです。
暗い画像でごめんなさい




この他にあと2回グラーシュ食べてます。
一度は豚と鶏レバー入りで好みが分かれるところかも。家庭の味なので家の数だけバリエーションがあるのでしょう。

下は、チキンを地元のハムで巻いたもの。
チェコ料理って感じでもないかな。
息子はお預け状態です(笑




チキンシュニッツェル
プラハ城内のカフェで食べた揚げたて。これがお昼だから太るわけです。
チェコ料理だとありましたが、これはお隣の国ですよね。
電車でウィーンまで一時間ちょっとだというのを小耳に挟んだので、隣国の影響大ってことでしょうか。




ちなみにデザートにシュトゥルーデルも食べました。
これもチェコでは一般的なデザートでしたよ。

3日目のお昼は、軽く(どこが?)サンドイッチ。

から揚げのバゲット
ホテルの朝ご飯で食べた黒パンはドイツ風で重くてこくがあったのに対して、ロールパンは大きめでパサパサした感じがしたのですが、このサンドイッチのパンもパサパサ。
サンドイッチは翌日のパンを使った方がいいくらいなので、パサパサくらいがいいのだろうけど、個人的にはしっとりしたパンの方が好きだな。




イギリスでも揚げたチキンのサンドは珍しい。チェコのサンドイッチとかホットドッグの方が絶対カロリー高いのに、みんなスリムなのは何故だろう?

屋台でよく見かけたのが、TRDLO。なんと読むのか不明。
筒にパン生地を巻きつけてこんがり焼いたあと、砂糖とナッツをまぶしていただきます。




ナッツはヘイゼルナッツじゃないかな。
香ばしくておいしかったです。




バックが真っ暗なのは夜食だからです(笑

チェコ料理は肉中心ですが魚料理も手頃でたくさんありました。
肉料理は揚げたりとヘヴィーなものが多かったので、旅行中は魚も食べましたよ。

あと、私はほとんど飲まない方ですが、ビールがおいしかったです。
なんたってピルスナービールの原産地ですからね。
隣国の、文字通りおいしいとこ取りをしています。



2007-03-03-Sat-01:38
プラハに行ったよ最終日の散歩~ミュシャの建物~

最終日のプラハ

フライトは午後なのでお昼まで暇つぶし。

国立博物館まで歩き、そのままヴァーツラフ広場を旧市街方向へ。




初日に換えたお金がちょっとだけ残っているけど、残しても使い道ないし、といってもゴージャスなランチを食べるには足りないし。

空港へ出やすいように繁華街ムーステク駅の周辺をウロウロ。

DSC01216.jpg


火薬塔まで来ちゃった。
街灯についた広告が、ビール(が飲めるぞのパブ)とミュシャの美術館っていうのがプラハをそのまま表していますよね。

DSC01218.jpg


そして、そのミュシャが装飾を手がけた市民会館
正面のモザイクはカレル・シュピラル作です。

DSC01224.jpg


像よりも周りの装飾の部分がいかにもミュシャでしょ?

DSC01235.jpg


これもミュシャ。

DSC01232.jpg


街に溶け込んで、ミュシャがチェコを愛し、チェコがミュシャを愛したのが分かります。

+++++++++++++++++++++++++++++++

というわけで、無事帰国しました。
プラハ編もあと一回だけ、食べ物編で閉めたいと思います。


HOME NEXT

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。