旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005-04-28-Thu-06:57
観たり聴いたりティアーズ・フォー・フィアーズ、ライブレポ

カート・スミスの脱退以来ローランド・オーザバルのソロユニットとして活動していたティアーズ・フォー・フィアーズが13年ぶりに再結成、新しいアルバムEverybody Loves A Happy Endingも引っさげて戻ってきました。
そして、マンチェスターでコンサートがあるというじゃないですか。
80’s大好き人間としては、もちろん買いです。

ティアーズ・フォー・フィアーズ(Tears for Fears)といえば、80年代のUKミュージック・シーンを代表するバンド。
アルバムSongs From The Big Chairはアメリカでもヒット。シャウト(Shout)ルール・ザ・ワールド(Everybody Wants To Rule The World)と言ったら分かる人も多いはず。

ステージは新アルバムのジャケットから。
不思議の国のアリスのような、なんともいえない雰囲気。

二人とも、お腹が出ていない!!これ、ポイント高いです。よく、80’sの再結成バンドを見て、は~と思う時がありますから。↓フラッシュなしはOKなので堂々としてます、私。
a0005086_17482526.jpg

肝心の音ですが、もろアルバム。80年代のあのシンセサイザーとシーケンサー(だっけ?)のなんともいえない厚みのある音と二人の声がマッチしていました。
ローランドは野太い声だけど揺るぎがなくて、うまい。

新作Everybody Loves A Happy Endingや
Who Killed Tangerine?とかやっていました。
なんか聴いていて、あれ?ビートルズ…と思ったのは私だけ??
サージャント・ペッパーズとかカム・トゥゲザーを小声で歌ってみたら、ピッタリはまっていましたよ。

それよりも、聴きながら、自分の当時のことを思い出しましたね。
ちょうど、免許を取り立てのころで、学校へ向かう車の中でボリューム最大にしてよく聴いていたっけ…
そんなノスタルジックな想いにしてくれた夜でした。

某所(メインブログ)と同じ内容ですがお許しを!
スポンサーサイト


2005-04-15-Fri-03:47
私の毎日幸福の一切れ

先日披露宴を行った友人からもらったウェディングケーキ。
はっきりいって中味はクリスマスケーキと同じです。



違うのは愛がこもっているところでしょう。

籍を入れたのが今年の1月の新婚ではありますが、一緒に暮らして16年のベテランカップル。5人の子供の母でもあります。

それにしても、なぜ今になって急に籍を入れて披露宴をするのか???
イギリスでもここまで長く籍を入れずにいるのも珍しいので周囲が聞くようです。
でも、これといった理由はないみたい。
「なんとなく」思うところがあったのでしょう。
夫婦の仲ってそういうものなんじゃないのかな。



2005-04-06-Wed-18:37
観たり聴いたりThe Singles (Basement Jaxx )

bajaxx.jpg


BASEMENT JAXX
THE SINGLES


今日買ったのは、現在チャートにランクインしているアジアンテイストのOh My Goshが入った、ベースメント・ジャックスのベスト盤。
全英ヒット曲Red Alert, Romeo, Bingo Bango, Jus 1 kissといったおなじみの曲ばかりでとても得した気分。
ダンスミュージックは苦手とするほうだけど、彼らの音楽はとにかくキャッチーで聴きやすい。
ランニングマシーンに乗って淡々と走っている時、ドライブ中、掃除中とかにお勧め。

さあ掃除だっ!



2005-04-06-Wed-11:22
気になるニュースマライアが信じるもの、それは

音楽雑誌Qへのインタビューで、
「サンタクロースがいるって信じているの」と告白したマライヤ・キャリー
ア~
というイギリス人のため息が聞こえてきそうですが、
いい年して何言ってんのよっ!!
と喝を入れたくもなります。
愛犬ジャックの話もでましたよ。
「私ね、うちの犬にそっくりなの。まだまだハートはコドモなのよ。」

おいおい…
いくらなんでも犬と比べちゃいけませんって。
クリスティーナ・アギレラじゃないんだから。

(クリスティーナの歌は大好きよ)
Mariah 'believes in Santa'


2005-04-03-Sun-08:32
気になるニュースBBC、ボブ・マーレーにインタビュー??

BBCがレゲエの神様ボブ・マーレーのヒット曲No Woman, No Cryにちなんだ特別番組を製作するにあたり、ボブ・マーレー基金へEメールを送付したそうだ。
「1,2日程お付き合い願えませんか」とメールという内容で、
「本人からの言葉がないと(番組は)上手くいきません」と本人とのインタビューを強く要請。
その上、しつこくも
「撮影は6,7,8月を予定していますが、私共の方はいつでも構いません」とあったという。

唯一の問題は…
ボブ・マーレーは1981年にガンで他界しているので、本人へのインタビューは不可能。

BBC Threeは、今回の件について
「とても恥ずかしかった」と語った。

BBC asked to interview Marley

ちょっと、BBCしっかりしてくれぇ!!!
TVライセンス(NHKの受信料みたいなもの。イギリスは取立てがもっと厳しいけど。)高いんだから、こんな基本的なポカしちゃだめだって!!
という割には、笑ってしまいましたが…


2005-04-01-Fri-09:34
気になるニュースビリー・アイドル、染められなければ剃ってしまえ!

12年ぶりの新作「Devil's Playground」をリリースしたばかりのビリー・アイドル。
頭髪の方は以前から染めていたけれど、どうしても染められないところがあって、それがご不満の様子。
染められないなら、剃っちゃえってことなんだけど、あまり想像したくないですね。

"I shaved my balls - they were going grey, so I shaved them. It's like steel wool down there!"

↑よいこのみなさん、自分で訳しましょう。
Billy shaves his testicles


2005-04-01-Fri-08:48
気になるニュース災難続きのオジー・オズボーン、今度はボヤ騒ぎ

Osbournes flee blaze at mansionブラック・サバスのヴォーカル、というよりは最近ではリアリティTVで、なあんかボケたことを言っているおじさんとイメージのあるオジーですが、こんどは火事だとか。

3月25日深夜、バッキンガムシャーにあるオジー・オズボーンのリビングルームから出火、オジーと妻のシャロンが庭に避難する騒ぎが起きた。被害額は今のところ不明。
ペットも非難して無事だった。

災難続きのオジー・オズボーン。ここまできたら2度あることは3度ある、なんて程度じゃありませんね。

お祓いした方がいいかも。


2005-04-01-Fri-06:55
観たり聴いたりMike And The Mechanics

aa.jpg

Mike And The Mechanics - Live At Shepherds Bush

今日、衝動買いしたDVDは、マイク&ザ・メカニックスのライヴ。昨年(04年)9月、ロンドンのシェパーズ・ブッシュで収録というから新作です。
[ まだまだ続く… ]


HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。