旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006-06-30-Fri-21:18
イギリスの祭りと大会かかしまつり 3

かかしまつり第3弾

学校毎のエントリーを集めてみました。
全体のテーマがない代わりに?学校毎のエントリーは『リサイクル』がテーマ。

今回、私の一番のお気に入りはエルマー
パッチワークの部分がポテトチップスの袋だったりするのもナイスです。

DSC05513.jpg


どこがリサイクルなのかイマイチ理解に悩むものもありましたが...
努力は認めましょう。

DSC05514.jpg


女王様がここに!
80歳のお誕生日記念かかし、ということで。
しかし、テーマはあって無きが如しって感じですね。

DSC05515.jpg


これはリサイクルしてますね。

DSC05517.jpg


時のヒト、ウェイン・ルーニーとガールフレンドのコリーンさん。
いろんな意味で話題の人達かもしれない...

DSC05518.jpg


ネッシーかと思ったら、Book Worm (本の虫)だそう。
こういう分かりやすいのも好き。

DSC05520.jpg


そして、また家の前庭に飾られているかかしに戻ってきました。
美しい家と庭とかかしのマスクのギャップがなんとも...

DSC05522.jpg


それにしても、エキサイトとは相性の悪い(Jugemとも悪い)私のPC。
久しぶりの画像大量アップロードで、なんか気分がすっきりしましたよ。
唯一の不満はこれ以上画像を大きくしちゃうとカラムが崩れる...
スポンサーサイト


2006-06-29-Thu-23:02
イギリスの祭りと大会かかしまつり 2

6月25日から7月2日まで、ウィラルで行われているかかしまつり
その第2弾です。

赤頭巾ちゃんがいる!




かかしって藁のイメージがあるけど、こんなグリーンのかかしも個人的には好きだな。

DSC05493.jpg


小学校の中にたくさんのちいさなかかし達を発見。
個人で作ったのね。
去年は、門の中に入れたんだけど週日ということもあって今回は柵の外からしか見られず、ちょっと残念。

DSC05492.jpg


庭の奥の方にかかしを置いている家も結構あるんですね。
庭そのものもとても素敵なんだけど、接写は無理...
ウォレスが座ってるのにな。

DSC05505.jpg


ここの家はいつも大作。
ミイラが好きよ。

DSC05508.jpg


あ、タイガーウッズがいる!!
全英オープン関係のかかしも多かったです。

DSC05510.jpg


だいぶ駆け足で来ましたがあともう一回。

続く...


2006-06-29-Thu-15:55
イギリスの祭りと大会かかしまつり

Thornton Hough(ソーントン・ホフ)では、恒例のかかし祭りが行われています。

昨夜はお天気が良かったので、早速出かけてきましたよ。




去年は『海洋』というテーマがあったのですが、今年はないみたい。

DSC05481.jpg


やっぱりワールドカップ関連が多かったかな。

DSC05479.jpg


お馴染みのキャラクターもいましたよ。これは大作!

DSC05468.jpg


このためにわざわざ犬小屋も作ったんだろうか??

DSC05476.jpg


歯の妖精ってこんな姿だったのか!?

DSC05489.jpg


とにかくたくさん!
学校ごとのエントリーは次回のお楽しみ。

かかし祭り、今週末の6月30日と7月1日がメインです。
週末は交通規制がひかれるので、歩きたくない人は今日中にどうぞ(笑


続く


2006-06-26-Mon-18:27
イギリスの祭りと大会カイト・フェスティバル2

会場には、凧のお店もありましたよ。
DSC05449.jpg


本格的な凧って高いんですね。
それに、安全のためのウェストに巻くベルトや手袋、ひざパットなども揃えるとなるとかなりの値段になるんじゃないかな。

DSC05450.jpg


もうちょっとお天気だとよかったな。

連凧もありましたよ。
いくつ繋がっているんでしょうね。

DSC05460.jpg


こっちは凧(kite)ではなくてウィンドソック(wind sock)と呼ばれる類のもの。ストリーマーですね。

DSC05461.jpg


庭にあったらカラフルで楽しそう。


2006-06-25-Sun-20:16
イギリスの祭りと大会カイト・フェスティバル

34日と25日に行われたカイト・フェスティバル(Wirral Kite Festival )に行ってきました。
去年はマージー・リバー・フェスティバルの一環だったけれど、今年は単独のお祭りのようです。




凧が少ないのは、巨大だこを揚げるには風が弱すぎるからだそう。

これは去年も見たな。
爬虫類系、結構好きです。

DSC05442.jpg


枝を使った風見鶏(鶏がなくてもそう言うのかな?)
音が涼しげでいい感じ。

DSC05447.jpg


続く




2006-06-24-Sat-21:49
私の毎日休憩中

運動会

午後に備えて休憩中

なんたってこの歳で二つ競技に出るんですもの。




金曜の夜、地図で会場を確認しなくっちゃと思いつつ、そのまま寝てしまったら、
なんと夢で会場に向かって運転していました。
それも、ちゃんと最後の急坂を上ってる...

すごいよ、私。

前日カレーにあたって苦しんでいたので寝不足なのに朝も早い。
お弁当を作る気にもならず、途中のガソリンスタンドでサンドイッチでも買おうかとも思ったのですが、それは、許されない気がしたので、とりあえず混ぜるだけのちらし寿司のもとでごまかしました。

競技の方は、楽しかったです。
やっぱり参加することに意義があるんじゃないかと。


話がずれちゃいますが、カレーは保温調理器で作ったんですね。
で、作って2日経っていて、温め直しながら、
保温調理器って細菌が繁殖する時間が長いから考えたらヤバイ調理法だよなあ...
と思いながら食べたら見事に食中毒(笑
これでも一応Basic Food Hygieneの証書なんての持ってますが、何か?






2006-06-22-Thu-08:38
萌える息子チキンパスティ

調理実習で作ったチキンパスティ(Chicken Pasty)

サクサクとしたショートクラスト・ペイストリーの中にチキンのクリーム煮が入っています。



パイ生地は、5月に作って学校の冷凍庫で寝かせていたものを使用。
パイの中身は
500gの調理済みフィリングを1パック 持って来る
と書いてあっただけ。
ソーセージミートならまだしも、他の定番パスティの中身だけって普通売ってないよ???

で、おばあちゃん達にも聞いて頭をひねって考えた候補は
・缶詰のひき肉&オニオンのグレービーソース
・缶詰のステーキ、これもグレービー
・チーズとオニオンにスマッシュ(インスタントのマッシュポテト)を持たせチーズ&オニオンにする
・コーンビーフ
・カレー
・チキンのクリームソース煮

息子のチョイスがチキンだったわけ。

ちゃんと空気穴を作っているのはいいんだけど、中身が流出してしまった跡が...

DSC05429.jpg


中身、消えてるじゃん(笑

パイ生地はとてもサクサクで美味しかった。
息子曰く、くさいとのこと。
ラードが入っているからね、しょうがないよ。

ああ、ダイエットはどこへ?


2006-06-21-Wed-07:46
観たり聴いたりさよならトップ・オブ・ザ・ポップス

42年間続いたBBCの音楽番組トップ・オブ・ザ・ポップス(Top of the Pops)が7月30日の放送で番組を終了する事になった。

トップ・オブ・ザ・ポップスは1964年にマンチェスターから第一回が放送されて以来、BBCラジオのベテランDJを司会者に90年代の半ばまで木曜日に放送されていた。音楽番組の台頭と番組そのものの『老朽化』のために視聴率が低下、放送日を金曜日に変更し、2003年からは事実上の格下げであるBBC2へ移行していた。
BBC was 'right' to end TOTP show

ついこの前もスマッシュヒット誌廃刊があったばかりで、ブランド番組がまた一つ消えることになるのですね。
歴代の司会者も言ってますが、公共放送であるBBCの役目は終わったということでしょうか。
今ではインターネットや衛星放送でMTVが24時間見られますから。好きな音楽を好きな時間に聞くことができるわけで地上波の音楽番組が減少するのは仕方がないことなのでしょう。
私はトップ・オブ・ザ・ポップスを観るのが好きなのですが、中途半端な時間帯なので見逃す方が多いですね。
それに対して息子はアンチ・トップ・オブ・ザ・ポップス。クールじゃないそうで、さっさと部屋を出て行きます。
元記事にもありましたが、デイリー・テレグラフ紙が"sad day for overgrown teenagers"と言っていて、確かに私の世代=overgrown teenagersが観て、当のティーネージャーがかっこ悪いといって見ないようじゃしょうがないですよね。

それにしても、日本でもベストヒットUSAとかザ・ベストテンとかなくなっちゃいましたからね...
チャート番組ってラジオだけのほうがいいもかも。


2006-06-19-Mon-08:11
英国食事情幸せ

家にたどり着く前に、燃料切れ。
クルマじゃなくて、ワタシが。

DSC05415.jpg


このひとときが一番好き。



今日は、2週間ぶりのお休みだったので、目覚ましを切って寝たのにしっかり6時半には目が覚めた...
肩というか首の後ろがものすごい筋肉痛で首が回らない...
やっぱり過激な運動をする前にちゃんと準備運動はしないといけないなあと反省。
それに、運動不足だから今週は強化週間にしたいと思います。
ダイエットもちゃんとやります。

もちろん明日からですけど。

今日はもう寝ます。コメントのお返事は明日の朝きっと。


2006-06-17-Sat-07:48
私の毎日虫探し中

金曜日に公園に行ってきました。
今週の初めにカニをとった海岸沿いのところなのですが、今回は虫取りが目的。

そして、まつぼっくりもたくさんひろってました。



綺麗な青い小さなトンボや赤い蝶とかいましたが、小さくて目で追うのがやっと。

子供達はクモや青虫を素手で捕まえていましたよ。さすが子供。
「恐怖」は経験で学習するものだというけど、私はいつから青虫やミミズが触れなくなったんだろう。
日本で仕事をしていたときは、勇気を奮い起こして蝶とか触っていたっけ。

それにしても、顔が写らない写真をとるのって結構大変です。


2006-06-16-Fri-10:42
私の毎日タイガーウッズがやってくる

ゴルフの全英オープン、今年はうちの近くで行われるんですね。

clubhouse.jpeg


こんな一大イベントなんて滅多に巡ってくるものじゃないので町役場もいい格好を見せたくて必死なんですよ。

その割には、花壇つきの美しいラウンドアバウトをつぶし複雑な交差点にしたため、今まで以上に混雑してバスの運転手や救急隊から顰蹙を買ったりしてますが...

会場のロイヤル・リバプール・ゴルフクラブ周辺地区の学校は夏休みが一週間早く始まるけれど、うちの息子のところは普通だからあまり関係ないと思っていたのです。

ところが、今日、タイガーウッズが滞在するホテルがうちの近くだという情報をゲット!

もう、ミーハー根性丸出し(笑
張り込みするかも。

今調べたら、前回ここで全英オープンが開催されたのは1967年ですって。だから今回初めてというわけじゃないし名門なのは分かったけど、でも真面目な話、あんな海風が強いところでやるってのが不思議。
...という話をしたら、全英オープンは海沿いのコースが多いのだとか。





2006-06-15-Thu-08:21
私の毎日毛虫飼ってます

今年も職場では毛虫を飼ってます。

イギリスではPainted Ladyと呼ばれる蝶、日本名はヒメアカタテハというそうで。

その幼虫ですね。

容器の上のほうにJの字にぶら下がっている幼虫はさなぎ直前。脱皮してさなぎになるんだけど、明日の朝にはもう脱皮しちゃうんじゃないかな。

DSC05400.jpg


後ろの絵はエリック・カール作はらぺこあおむし
定番ですね。


2006-06-15-Thu-07:07
英国北西部で遊ぶカニ

マージーサイドは今日もなかなかのお天気でした。

夏ですね、夏。
ここは平均年齢が高いかも?

DSC05373.jpg


いや、そんなこともないか。
のんびりと時が流れていますよ。

DSC05374.jpg


もちろん、日光浴はどこでもします。

DSC05376.jpg


砂浜ではないので、単に浜辺としておきますが、ここで日光浴をする人は芝生の人よりも少なかったです。

浜辺には、カニやエビがいるんですよ。
さすがに大きいのは隠れ慣れているのか見つかりませんでしたが、小さいのはたくさん!!ウジャウジャしていました。

DSC05386.jpg


久しぶりに登場の息子の手。ぷくぷくしてるよ。


2006-06-13-Tue-23:08
私の毎日正しい観劇の作法

月曜の夜、職場(プレイグループの方)の同僚みんなでお芝居を観に行ってきました。

4時45分に職場近くのパブに集合。
まずはビールを一杯。

その後タクシーでライムストリート近くの中華へGO!
もちろん食べ放題のバイキング。
ここでもワインをボトルで数本注文。

それでも開演までにまだ時間があるので楽屋前のパブで...
さすがに、ここからはソフトドリンクに切り替えましたよ。

お芝居の題はDirty Dusting
突然週末一杯で解雇にされることになった70代のおば(あ)さんたちが、間違い電話からヒントを得てアダルトのチャットラインをする話。
DSC05395.jpg


想像できるでしょ。下ネタ連発なのが。
おばあちゃん達なんで「え?ああ、あの店には良く行くわ...え?M&Sじゃないの?」なんて受け答えがイマイチずれていたり
「昨日は...あのまま逝ってしまったら、Yの字型の棺桶が必要だったわ」とか。思わず想像して大笑い。

あ、幕間にも同僚たちとバーに直行。みんなはワインとかウォッカとか飲んでます。
私は、ミネラルウォーター。ペースが合わない...
夏風邪真っ最中だったし。

終わった後もすぐには帰りません。
クイーンズスクエアのバーに寄って2時間+
ここでもワインをボトルで注文(まじか?)スナップも飛び交ってましたよ。
ここでは、私もアルコール再開。ウォッカベースのWKDをストローでチビチビ。

それにしてもみんなアルコール強すぎ。
ワイン組は、確実に一人1,5リットルは飲んでいたんじゃないかしら。
このメンバーだと思いっきりはしごをするのを知っているから、白ワインは厳禁。お店で銘柄違うからすぐに酔うだけじゃなくて気持ち悪くなっちゃうんだよね。

当然、夜中にロンドンタクシーで帰宅です。

月曜日にすることじゃないけど、お芝居のチケットが割安だったらしい。

ちなみに今回メンバーの平均年齢は46歳位ってところでしょうか。


2006-06-12-Mon-16:04
GOGO!ダイエットイチゴタルト

大変ご無沙汰しています。

先週は、夜11時半まで仕事をしていた日もあれば、調子が悪くてゴロゴロしていた日もありでブログはちょっとお休みでした。
ちゃんと更新するつもりだったけど、無理無理。

日曜日も仕事だったので、終わってからガーデンセンターへ。
まずは、お茶でしょう。




花もちょっと買いましたよ。
ガーデニングするんだ、なんて慣れない事を考えたからでしょうか。

今日は朝から雨です。


2006-06-06-Tue-10:12
観たり聴いたりジャーニーLIVEに感激

マンチェスターへジャーニーのコンサートを観にいきました。
開場+1時間で開演だろうとアバウトな計算をして、親子でのんびりと中華レストランで夕飯を食べていたら、出遅れた...

てっきりサポートがあると思っていたので勘が狂いましたよ。

今回は一回席
背伸びをしてカメラを高く持ち上げないと上手くフレームに入りません。
それにひどい手ぶれで上手く撮れない...↑たぶんこのせい
DSC05349.jpg


初めてスティーヴ・オウジェリーのボーカルを聴いたのですが、ゾクッとするほど声質も歌い方もスティーヴ・ペリーにそっくりなんですね。
(ミーハーでここ20年聴いてなかったので←おいおい)
でも、似てると言っては失礼だな、きっと。

Don't stop believin'
Any way you want it
Wheel in the sky
Faithfully
Chain reaction
Who's crying now
Open arms
Be good to yourself


まだまだある。ヒット曲のオンパレード。
そして大カラオケ状態。
隣のお兄さま/おじ様が口でコップを持ちながら両手を駆使して、エアギター&エアキーボード&エアドラムを演奏する姿に感心してしまい目が放せない状態でちょっと困りました(笑

大好きな曲が3曲続いて演奏されたら、ああ、来てよかったなあと感動して目頭が熱くなりましたよ。

コンサートが終わっても、物足りなくて楽屋出口に親子で待機。
アメリカからのファンの団体さんとかドーンと来ていてビックリ。
一目で、もう20年以上ジャーニーについて廻っているんだろうなって分かる。
イギリスにだってファンがいて一緒に出口でお話したおじさんは、サウスウェールズから来たのだそう。先週のエジンバラも見たというからすごい。
おじさんのおっかけだもの。
出待ちをしてるファンは、みんな筋金入り。

楽屋口で待つこと40分。
ここよりも、非常口の前にツアーバスが止まっているのがとても気になるので二手に別れて息子に非常口で見張るように指示を出していたら...

しばらくして、息子リターン
おかあさん、これ、これ、

ジョナサン・ケインにサインしてもらったの

(写真はあとでゆっくり撮ったものです)

ええっ!!!
jcain.jpg


お前、出て来る時に教えに来なくっちゃダメじゃん~~~

何一人でサインなんてもらってんのよ~~~~~


キーボードのジョナサン・ケインっていったら、オープン・アームズを書いた人よっ!
(←もっとあるけどね、支離滅裂な説教をする母)
なんてちゃっかりしてるんだ...


慌てて非常口へ廻ったら、他のメンバーも出てきました。
あせっていたので、デジカメのフラッシュなしを解除するのをすっかり忘れていましたよ。

なので、折角のシャッターチャンスが、これじゃ心霊写真じゃん。
DSC05357.jpg


わかるかなあ、ドラムのディーン・カストロノヴォなんだけど。



2006-06-05-Mon-07:16
観たり聴いたりReal Opus Deiと映画

ダヴィンチコードを親子で見ました。

本当は読み終わるまで見ないつもりだったのですが、読み終わるまでにあと数年はかかりそうなので。

始まってから気付いたのですが、私が読んだのは映画では始めの30分。
なんか、自分が情けない気持ちになりましたよ。
でも、オプス・デイについての説明は映画では思いっきり、ばっさり切っているんですね。これじゃ、本を読んでいないとちょっと理解しにくい部分があるかも。

半年くらい前、TVでReal Opus Deiというドキュメンタリーを見たのですが、本当にcilice-あの腿に付ける鉄鋲のチェーンを女性が持っていて身につけていました。実際には赤くなる程度で出血はしませんとのことでしたが、あれをつけていたら作業できませんよね。
作業といえば、女性が就く職業に制限があるとのこと。属人区内で男性信者の部屋の掃除をしていた女性信者は、「男性に奉仕するのが私の役目です」とごく普通のことのように答えていたのが印象的でした。
女性の役目は家庭を持ち夫に協力して家庭を守ること。ちなみに家庭内では夫に全ての決定権があります。家庭や仕事で女性が男性の上に立つことは決して認められないのだそうです。
番組では、ほんの数十年で急激に資産が増えた原因など、掘り下げてやっていましたよ。

あ、創始者ホセマリア・エスクリバー・デ・バラゲルはバチカンから92年に聖人として列せられているんですね。教団そのものもバチカンから認められてます。

そういうオプス・デイだから、ダヴィンチコードというフィクションの上で悪役を演じさせられたんだろうな。

でもね、別に悪者がいる必要は全然なかったような。単に謎解きじゃダメ?
本来なら、後半にかけてどんどん進んでいくのに、何度時計見たことか。間延びしてます。

そして、尻切れの感のある終わりかた。
「...それで? え?終わったの?」

息子の感想ですが、完全にノンフィクションだと思っていたようです。
さすがに信者は人殺しはしないでしょ、と言いかけたけど、どこの国にも前例はあるのでノーコメント。
「出てきた車が全部欧州車だったよ。あとね、原作はシトロエンだったのにルノーに乗ってた」
一体どこを見ていたんでしょうか。
ま、シトロエンの新しい形だとコロンとしていて映画の雰囲気には似合わないと思います。
それにモリス・トラベラーが出てきたときはさすがに私もおおっと声を出してしまいましたけど。

いけない、全然映画の感想になってない(笑


2006-06-05-Mon-01:14
私の毎日さよならちび助くん

君は突然逝ってしまったね




久しぶりにエキサイトの方にも画像を上げようと思い、ちび助君を出して遊んでいました。

画像のサイズをあれこれ変えていると電源が切れるかのように

真っ黒

キュルキュルキュル~

普通ノートPCの本体からは絶対に聞こえなさそうな音がしたかと思うと

...
...

哀しい...

確かに、日本語キーの配列に悩まされて毎日は使わなかったけど
MEなんて今時古いOSが入っていたけど
ポップでキュートなスタイルのちび助君はお気に入りだったんだ。




[ まだまだ続く… ]


2006-06-04-Sun-03:33
英国北西部で遊ぶアリスのステンドグラス

今日行ったのは、チェシャー州、ダーズベリ(Daresbury)にあるオールセインツ(All Saints' Church)教会

この教会の牧師館で生まれたのが、チャールズ・ラトウィッジ・ドジスン。
後のルイス・キャロルです。




ここには、ルイス・キャロル没後100周年を記念して嵌め込まれた
ルイス・キャロル・ウィンドウ(The Lewis Carrol Window アリス・ウィンドウとも呼ばれることもある)があります。

教会のお世話をしていた方に、アリスウィンドウはどこですか?と尋ねたところ、丁寧にパネルの説明をしてくださっただけでなく、立ち入り禁止の柵の中に入っての写真を許可してくださいました。

DSC05337.jpg


一番左のパネルで助祭(deacon)の服をまとっているのはルイス・キャロル。彼自身オックスフォードで助祭に任命され教鞭を取りながら教会の仕事もこなしていたのだそうです。
彼の後ろにいるのが挿絵そのものの『アリス』。
本物のアリスは、短く茶色い髪だったそうです。

5枚のパネルの足元の部分には、不思議の国のアリスに出てくるおなじみのキャラクターが見えます。

左側から一枚目
 ドードーはルイス・キャロル
DSC05332.jpg


キャロル・ルイスはどもりがひどく、自分の名前をいう時に、「ドー、ドー、ドジスン」とどもったために、学生が『ドードー』というあだ名をつけたのだそうです。
また、彼は歩く時に杖を使い、手袋を嵌めていたそうで、アリスの物語に出てくるドードーもそのように描かれているのだそうです。


左から2枚目
 青虫と魚の召使い。オックスフォードの誰かがモデルのはず、なのだそう。
DSC05330.jpg


中央
 帽子屋(マッド・ハッター)ヤマネと三月兔
DSC05328.jpg


かわいいヤマネはキャロルの友人。(名前を忘れた...)
当時、オックスフォードでは、帽子の生産が盛んに行われていたそうです。ところが、この帽子、内側に水銀を塗るため、生産に携わる人に水銀中毒の症状を起こす人がいました。
マッド・ハッターはそういった背景から生まれたのだそう。

右から2枚目
 公爵夫人とグリフィン、海亀(モックタートル)
DSC05324.jpg

『モックmock』だからね。高尚なもの、本当だと信じちゃいけないってことだよ、ですって。

グリフィンは、ここの教会の祭壇の飾り(浮き彫り)にもあるそうで、幼心に見ていた記憶があるのだろうとのこと。

一番右
 チェシャ猫とハートの女王、あとジャックも
DSC05325.jpg


ハートの女王は、子供の遊び歌にもよく出ますね。
チェシャ猫は、満月が出る様子を猫の笑う顔に見立てた慣用句からきたのではないかということです。(これには諸説ありますね)

写真撮影OKですが、入り口のところで許可を願う紙に名前を書いて2ポンド払ってくださいね。
実際払えとは言われませんが、一般の人に開放してくださっているのですから、そのほかにもちょっとした寄付を忘れずに。

天気のよい日を狙ってました(笑

All Saints' Church
Deresbury Lane
Warrington
WA4 4AE


2006-06-03-Sat-06:32
ウェブログガーデンセンターでミニオフ

あるブロガーさんから

珈琲かアイスクリームの無料券があるのでご一緒にいかがですか

と、私の性格を熟知したお誘いを頂いたので行ってきました。

場所はガーデンセンター
ガーデンセンターでお茶というと、意外に感じるかもしれませんが、油ぎったテーブルのカフェやタバコ臭いパブはちょっと勘弁...という人にはもってこいの穴場的存在なんです。
それにとてもお手軽。

ところで今回は、ただのガーデンセンターじゃありません。
なんと最近Garden Center Of The Yearの栄冠に輝いたところなのです。


期待しちゃいますよね。

そして、お逢いしたのは7days BBC~UKカメライフ~のmadorenaさん

早速コーヒーと胡桃のケーキを食べてしまいました。



その前にアイスクリームも食べてます。ごめんなさい
誰に謝っているのか自分でも疑問ですが、謝らないと罪悪感が残るのです。

madorenaさんとは今までに何度かニアミスをしていたのですが、お逢いしてじっくりお話をしたのは今回が初めて。
ブログそのまま、いろいろな方向に興味があり、
そして、大のお花好きとお見受けしました。
バラとフクシャ、てっせん位しか見分けが付かない私とは対照的。
なので、この花の名前は聞かないで下さい(笑

DSC05316.jpg


気が付けば、閉店間際。
急いで花も見て回りましたが、時間が足りなかったですね。

今度は一緒にお花を買いましょう。

あ、うちには庭がありません。
バックヤードでそれも日当たりが悪い最低なので、そんな場所に鉢植えでもOKだよというものには何があるんでしょ?




2006-06-02-Fri-06:33
英国北西部で遊ぶワガママ

そう、今回マンチェスターへ行った目的は

ワガママ

実は、ラーメンってあまり得意じゃないんです。
猫舌なんで麺が伸びきった頃にやっと食べられるという悲惨なことになるのですよ。

なので、いつもカツカレーとか、かに玉もどきライスのようなもの(名前忘れた)を食べているのですが今日は味噌ラーメンに挑戦!!

DSC05306.jpg


マットにオーダーを殴り書きしてます。
後になって、それ注文してないよとしらばっくれる言う客の対策なんでしょうか。

息子は、鮭ラーメンとダック餃子という怪しいものを注文していました。

そして、注目の味噌ラーメン登場
DSC05307.jpg


普段、ラーメンを食べないので比べようがないのですが、一言で表現するなら

辛っ

味噌ラーメンってこんなに唐辛子の味がしたっけ?
それにスープが濃くてしょっぱい!

甘いものに慣れているのでいくら甘くてもあまり感じないけれど、辛いものは普段は食べないから敏感に感じるのかも。

この後でものすごく喉が渇いて、コーヒー屋さん2軒はしごをして、ミネラルウォーターも一本飲んでやっと落ち着きましたよ。


辛いのに慣れている人、好きな人にはいいかも。

うちは親子で辛いの苦手なのだ。


HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。