旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007-04-24-Tue-06:46
リパブールHappy Birthday Liverpool

日本では日付が変わってしまいましたが、今日4月23日はイングランドの守護聖人、聖ジョージの日。

この聖ジョージの日から一週間、ここリバプールでは、市制800周年記念行事が行われています。

中でも目玉なのが、修復工事が終了したセントジョージズホールの一般公開でしょう。
リバプールの玄関であるライムストリート駅構内から足を踏み出すと、まず目に入るのが、このセントジョージズホール。
stgeorges.jpg


ネオクラッシック様式の大きな建物がオープンしたのは1854年のこと。1984年まで裁判所として使われていたそうで、それ以降はグレートホールがコンサート等で使用される程度でした。
とは言っても、グレートホールが使われるのは年に数回のみで、移動式の床を取り払った状態を見ることができるのは、今世紀に入って今回が初めてなのです。

crest.jpg

床を飾るミントンタイルの中でも目を引くのは、やはりリバプール市の紋章でしょう。伝説の鳥、ライバーバードです。

ここには、当時画期的なデザインだった世界初の空調設備があります。
また、チャールズ・ディキンズがクリスマスキャロルを始めて朗読して披露したのもここだそう。
聖ジョージとドラゴンのステンドグラスもあります。
window.jpg


セントジョージズホールの公開は今週29日日曜日まで。
開館時間は朝10時から夜8時半まで。
日曜日の開館時間についてはチェックしてくださいね。
スポンサーサイト


2007-04-23-Mon-05:57
ナショナルトラストもうひとつのヒルトップ

湖水地方と言って真っ先に連想するのは、ピーターラビットのお話。

ピーターラビットを書いたビアトリクス・ポターは湖水地方の自然を愛し彼女が購入したヒルトップは観光名所ですが、それ以外にも購入している農家があります。

それが、ユーツリーファームYew Tree Farm



日本でもこの秋公開の映画、ミスポター(原題 Miss Potter)で、『ヒルトップ』として撮影に使われたのが、このコニストンにあるユーツリーファーム。

今はティールームとB&Bになっています。

このところ晴天が続いていたのに、今日は小雨が降り、霧も出てなんとも湖水地方らしいお天気でした。
DSC01580.jpg


撮影のために内装をヒルトップに替え、再び元の状態に戻したのだそうです。

壁紙がウィリアム・モリスでしたよ。
DSC01558.jpg


1690年に建てられたこのファーム、1930年に林業拡大のために取り壊しの危機に遭います。ナショナルトラストは以前からファームの保存に関心を示していたのですが、募金を集めることができなかったため、トラスト運動に多大な理解を示していたポターが買い取ります。

DSC01570.jpg


ティールームの入り口を入ったら左側の部屋に入ってくださいね。
というのも、左側の部屋はポターが集めた調度品がそのまま残るオリジナルの『ティールーム』なのです。

下の画像にある大きなマホガニーのテーブルと私たちが座ったオークのテーブルも、イスの大部分もポターが集めたものだそうです。

DSC01574.jpg


この農場では、湖水地方原産で古い種であるハードウィック羊Herdwickが飼われています。

DSC01578.jpg


ニワトリの巣があるんじゃないかな。

DSC01581.jpg

ナショナルトラスト所有の建物の内部は撮影が禁止されているし、触れることができないので、それを考えるとここのティールームはポターのゆかりの地を訪ねる人には穴場です。

ここで、ダムソンジャムとクリーム添えのフルーツスコーンと紅茶をいただいたのですが、ダムソン(梅)ジャムが全然酸っぱくなくて、そのくせ甘すぎずサラサラとしていてとっても美味しかった!
なので、お土産に2瓶買っちゃいました。ヒルトップに程近いホークズヘッドのお店で調べたら、このジャムは2002年と03年にGREAT TASTE AWARDSの銅賞を受賞しているんですって。納得の味です。
Hawkshead Relish Company
海外にも配送できるんじゃないかな。
[ まだまだ続く… ]


2007-04-22-Sun-03:18
私の毎日小さな褒美

自分に褒美をあげたい気分な時ってありません?

たまにそんな気分になるならまだしも、始終そんな事を考える今日この頃。

DSC01535.jpg


土曜日の仕事の後に友人とタイ飯。
パイナップルジュースが思ったよりもさっぱりしていて、繊維もたくさんで嬉しい一杯。お酒が入っていたらもっとよかったなんて思ったけど、運転して帰らなくちゃいけないから我慢、我慢。

ご飯の方はまたアップします。



このところ、結構忙しいです。いえ、とっても忙しいです。
暇よりは好きですけど、忙しいって知っているはずなのに
「○○(←ブログ名)見た?」とか聞く友人。
自分のブログを開ける暇がないのに、なんちゅう質問をするんだと速攻で反撃しています。
毒が溜まりつつあります。




2007-04-18-Wed-08:52
不思議な国イギリス英国最短の駐禁ライン?

ロンドン北部にある全長わずか45センチの駐禁ライン。
yellowline.jpg

黄色い線の一方が住居者用の場所、もう一方が一般用のpay and display(券を買って車の窓に貼り付ける)の駐車スペースになっていて、この2つを区別するために付けられた線なのだとか。
今まで駐車違反のチケットを発行したことはないそうだ。
UK's shortest yellow line?



コメントは後で。
眠くって…


2007-04-18-Wed-08:30
私の毎日英語の学習にも最適?ポッドキャストでシェークスピアを

イギリスが生んだ偉大な劇作家ウィリアム・シェークスピア。
もちろんイギリスでもの子ども達も中学生になると学校で学びます。英国版学習指導要領にもシェークスピアを学習するようにとあるんですね。

で、学習すれば、当然義務教育終了時に受ける学力試験(GCSEですね、これ)にも出るというわけで、そうなると家で学習しなければならない…

そこに現れた強い味方が
空騒ぎ(Much Ado About Nothing)のポッドキャスト。
それも、文部労働省がキーステージ3(7年生から11年生=11歳から16歳まで)の学生にも分かりやすいようにとグローブ座の協力を得て製作した特別バージョン。

イギリスの生徒だけじゃなくて英語を勉強する人にも最適、かも。



[ まだまだ続く… ]


2007-04-16-Mon-08:42
私の毎日買い物療法

Retail therapyの真っ最中。
エネルギー補給も忘れずに。




メニューが新しくなったようで、オレンジとレモンのマフィン(レモンとオレンジだったかな?うろ覚え)
スキニーとは書いてなかったけど、それにしてはちょっとパサパサ過ぎて、味もイマイチ。前のレモンマフィンはレモンカードが入っていて、それはそれは美味だったのに。


せっかくの有給も春休みも改装工事の人がアクセスできるようにと遠出せずに家でじっとしていたので、終わったとたんにその反動が来たみたい。
チェスター近くのアウトレットをぐるっと一周したんだけど、これというものは見当たらず、買ったのはドライフラワーくらい。

でも、目の保養になりますねぇ。
特にBoseのサウンドドックの試聴をするのがお決まりのコースなんですけど、値段を見てため息をつくのも、これまたお決まりなのです。
[ まだまだ続く… ]


2007-04-13-Fri-07:57
GOGO!ダイエットどうせ無駄なら

食べちゃえ。(下の記事参照のこと)




あ、さすがにこの組み合わせは…

ストロベリー&クリームフラペチーノは息子のでチョコレート・デカデンスケーキChocolate Decadence Cakeは私の…
久しぶりにチョコレートケーキを食べたけど、甘くって、胃が重くって最後の一口がきつかった。でも食べちゃったけどね。
612Kcalだよ。ちなみにフラペチーノのカロリーはこのサイズで555kcal、やばいね。

今日は息子の誕生日だったので外食した割には特別でも何でもないNando's
というのも、台所は今も改装中で夕方まで使えないし、息子のリクエストの手巻き寿司をするにはお米がないし(悲しいね)、とにかく台所に立つのも面倒…
母としてはかなり手抜きと自覚してるから、スタバとマンガ本(これが結構な値段だったりする)とAutosport誌、F1 Racing誌の年間購読で許してくれよというわけ。

十分よね?


2007-04-13-Fri-07:13
GOGO!ダイエットダイエットなんて無駄

ダイエットしても無駄なこと

米カリフォルニア大が過去に行われた大規模なダイエットに関する調査を30件以上分析した結果は、『ダイエットは貴方をもっと太らせるだけ。』だった。

今回、アメリカ心理学ジャーナルに発表されたこの大規模かつ最も詳細に渡るダイエット調査の中には、250万人のオーストラリア人を対象に行われ、2004年に発表された、低炭水化物ダイエットに関する調査結果も含まれている。
低炭水化物ダイエットの概要では、特定のダイエット法を挙げなかったものの、調査には低炭水化物、アトキンスダイエット、GIダイエットといった最近のダイエット法が含まれている。
いずれのダイエットでも開始当初に体重の5%~10%の体重減少がみられるものの、『ハネムーン期間』が終わった段階で3人に2人がリバウンドを起こし4~5年かけてもとの体重に戻っている。
それだけではなく、ほとんどの人の場合は、ダイエット開始時点以上に体重が増えていた。

他には
・ある調査では、ダイエットを行った者の半数は5年後の体重が5kg増えていた。
・他の調査では、一定期間ダイエットを行ったグループとダイエットを行わないグループを比べたところダイエットを行ったグループの方が体重が重かった。
・1万9千人の男性に4年間に渡る健康調査をおこなったところ、体重が増加した男性は調査の前年にダイエットをしていた。

研究者は、体重減少と増加を繰り返すヨーヨーダイエットが及ぼす精神的・肉体的ストレスは心臓発作、脳卒中、糖尿病の危険を引き上げるため、むしろダイエットをしない方が良い位だと警告している。

Diets just make you fatter



おっと出ました。
爆弾発言ですよ、これ。
『死ぬまでダイエット』を覚悟した身には、今までの努力は一体なんだったのさ、の世界ですよね。
大手を振って開き直りできちゃいますよ。

確かに、怪しいものを飲むだけとか栄養がないカロリーオフのものを食べるとか、不自然なダイエットで急激に体重を落とすとリバウンドが必ず来ますよ。
リバウンドが来ると、またダイエット。でも、少ないカロリーでやりくりしていた身体は、ちょっとのダイエットじゃびくともしない。代謝を落として防御に入るんですな、これが。そのからくりというかメカニズムに気づくまで、既に何度かダイエットしてますから気づいたときにはもう代謝ボロボロで痩せないからだの出来上がり。
まさにオペラ・ウィンフリー状態です。
あ、彼女、すっきりしましたよね。彼女のダイエット実践しようかななんて思っていたんだけどな。

痩せるためのダイエットというよりも正しい食習慣、食事療法、食育という意味でのdietをしないといけないんだろうな。


リバウンド、3人に一人はしないんですよね。


2007-04-12-Thu-06:31
英国人気質英ネットユーザーは月に二日もネットをさまよう

ネットをそれといった当てもなくさまよっていると、果てのないハイパーリンクに流されてしまい、
「What Was I Looking For?あれ、何を探していたんだっけ?」
なんて、思うことがありますが、その言葉の頭文字をとってネット上をあてなくさまようことを表した言葉がwilf(ウィルフ)なのだそう。

2412人を対象に行ったインタビューでは、英国内のネットユーザーの3人に2人はたまにwilfをすると答え、4人に一人がログオン中の30%に当たる時間-ひと月のうち丸2日をあてのないネットサーフィンに費やすという結果だった。
男性の65%、女性の58%が就業中にネットをすると答え、Wilfingをする理由の第一位が、オンラインショッピング。2位がニュース、3位がトラベルサイトの検索だった。
Two Days Per Month Wasted on Aimless Web Surfing



そうでなくても、仕事効率が悪いイギリスですからね、ノロノロマイペースだってのにウィルフィングで仕事をサボられた日には、たまったもんじゃありませんよ。
確かにショッピングサイトは一度入ったら数時間は軽くかかるし、ニュースも見るし、トラベルサイトも…

里帰りの航空券だってネットで買っちゃうから、私のウィルフィング率高いですよ。

それにしても、日本だとどのくらいの割合でウィルフィングするんでしょう?
このブログに遊びに来てくれる人も…?



                   というわけでアク解を調べてみたら…

[ まだまだ続く… ]


2007-04-10-Tue-08:08
英国人気質パーフェクトなベーコンサンドイッチの作り方は?

リーズ大学の研究者が1000時間を費やし完璧なベーコンサンドイッチのフォーミュラを発見した。

研究では、異なる種類のベーコンをさまざまな調理法で調理し、いろいろなパンで挟んで作ったサンドイッチ700種の中からおいしかったものをコンピュータで解析、50人のボランティアが味、食感、風味を審査して決定した。

それによると、完璧なベーコンサンドイッチの作り方は、
2,3枚のベーコンをあらかじめ240℃に温めておいたグリルで7分間焼く。
焼いたベーコンは厚さ1cmから2cmにスライスしたファームハウスパン(farmhouse bread)にはさむ。


今回の研究をまとめたクライトン博士は
「消費者はベーコンの味と匂いに惹かれると思われがちですが、実際には食感と噛んだ時のパリッとした音も同様に大切だということが、今回の研究で分かったのです。
ボランティアの中でベーコンはスモークか、アンスモークかで熱い討論がなされましたが、両者共に固かったり噛みにくいベーコンにはがっかりするという意見で一致しました。」と語った。

完璧なベーコンサンドイッチのフォーミュラ:
N = C + {fb (cm) . fb (tc)} + fb (Ts) + fc . ta,
N=調理済みのベーコンを割る力, fb=ベーコンの種類による作用, fc=調味料・中身による作用、 Ts=盛り付け時の温度, tc=調理時間, ta=時間または調味料・中身を加えるまでの時間, cm=調理方法, C=未調理のベーコンを割る力.

Scientists' 'perfect' bacon butty



たかがベーコンサンドイッチにニュートン力学の式、必要ですか?この記事をゴードンラムジーに振った日には、「ケッ」とか言われるに違いない(笑

個人的には、すぐに食べるならちょっと軟らかいベーコンの方が好き。時間を置くならカリカリにしないと美味しくないですよね。パンは私も素朴な食感のファームハウスかな。普通の食パンじゃ薄すぎてサンドイッチがへたっちゃいます。
それとイギリス流の食べ方で忘れてならないのが、ソース。ウスターソースじゃない方。
HPとかいろいろありますが、小さなボトルに入ったChopというブランドが好きです。(味がしっかりしている&ちょっと辛口)逆に甘いオタフクソースも好きです。
あ、ソースの代わりにスライスしたトマトを挟むのも好きです。

結局何でもいいんだな。これが。
でも、カロリー高いので滅多にサンドイッチにはしません。はい。


2007-04-09-Mon-23:13
私の毎日イースターの散歩

イースターの日は仕事もお休み

お天気だったのでモウレツに掃除したものの、せっかくのお休みを掃除で一日過ごすのもちょっと哀しいので散歩へ。




引っ越してから近所を散歩する時間がなくて、ちゃんと歩いたのは初めてだったんです。
その辺をちょっと歩いて…と思ったら甘かった。
大きな公園に出てしまった…

この公園は、世界で初めてボーイスカウトのジャンボリーを開催した由緒正しい?ところなんですよ。

ボーイスカウトと言えば、イメージがという意味で本当に火を囲むかどうかは別として、キャンプファイヤーを囲んで歌うのが定番ですよね。
ジャンボリーの定番ソングというのもあるようでして、♪幸せなら手をたたこう♪ってありましたよね、坂本九の。
あの曲もスカウト経由で世界中に広まったという話です。

話が元に戻りますが、もらった万歩計をつけて歩いたら9千歩ありました。もう十分です。


             曰くの万歩計(マンボ系じゃないのよ)

[ まだまだ続く… ]


2007-04-08-Sun-23:16
日帰りでお出かけウェルシュラム(たち)

イースター直前の買出しをした後でウェールズへドライブに行ってきました。

春ですねぇ
DSC01510.jpg


カメラを持って近づいてくる人間なんてまずいないだろうから、興味津々な子羊たちは見事にカメラに釘付け。
でも、お母さんの後ろについて歩いていてこっちまでは来てくれませんでしたよ。
DSC01508.jpg

うっかりガソリンを入れずに出てきてしまい、途中で給油したいのに全然ガソリンスタンドが見つからない…

スランゴスレンまで来たけど町のスタンドはつぶれてしまっているし。

なので今回は諦めておとなしくスランゴスレンを散歩。
先週行ったビューマリスとは対照的にものすごく賑わっていました。


パン屋さんもちょっぴりだけイースターモードです。

スランゴスレンといえば、保存鉄道。
DSC06603.jpg

おっと、隠し撮りされてたようです。


イースターの今日は、良い天気!!
こういうお天気だとほこりが目立つんですよね。で、気になって、そのまま大掃除に突入。
久しぶりにサンデーローストをするのでオーブンで焼いている間せっせと掃除することにします。
珍しく主婦してます。(なんとも似合わない言葉だ…)


2007-04-06-Fri-21:49
日帰りでお出かけエドワード1世の城

前回に引き続き、総力結集中でビューマリス城の第2弾をお届けします。(かなりヤル気です)

世界遺産になっている、『グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁』の一部のビューマリスBeaumaris Castle。
今回は、ちょっとした歴史など。

13世紀、イングランド王であったエドワード一世はウェールズをイングランドにすべく膨大な数の軍隊を引き連れて侵攻するのですが、その上でこれらの城は軍事上重要な役割を担っていました。

DSC01433.jpg

1282年、エドワードはウェールズを侵攻、ウェールズ王のリウェリン大王は戦死し、弟も捕らえられ殺されたためウェールズ王家の血筋が絶えてしまいます。
DSC01441.jpg

1284年にウェールズは正式にイングランドの一部となり、エドワード一世は息子のエドワードをカナーボン城でプリンス・オブ・ウェールズに叙位しました。

これ以降、英国の皇太子はカナーボン城でプリンス・オブ・ウェールズに即位するようになります。

DSC01418.jpg

ここ、ビューマリス城は小規模ながらも美しいお城です。
軍事的にはあまり機能的ではない気がしましたが敵を威圧する目的であるなら十分ではないかと。

DSC01417.jpg

チャペルも中世のゴシック様式でシンプルながら美しい造りです。
DSC01429.jpg


さて、このエドワード一世は軍事的な手腕に優れた王でしてスコットランドにも侵攻しているんですね。ロバート・ブルースとの戦いよりもベーリオルを組んで摂政をおこなった平民代表のウィリアム・ウォレスとの戦いの方が映画にもなっているのであーこれかって思うかもしれません。
ブレイブ・ハート




2007-04-05-Thu-23:27
英国人気質ナーサリーに長く通う子は反社会的行動を起こしやすい

週3日以上ナーサリーに通う幼児は週1,2日通う幼児に比べて反社会的行動をとりやすく、心配したり落ち込むことが多いという調査結果が発表された。
オックスフォード大が文部労働省からの委託を受けて調査した結果によると、ナーサリーに通っている期間も1年未満と一年半以上の子どもでは大きな差が見られ、長いほど反社会的な行動をとる子どもが多かった。
異年齢クラスにいる子ども達は他のグループに比べて言語的発達が認められるものの反社会的行動も多く見られ、中でも特に異年齢クラスに所属する4歳以上の児童に反社会的行動を起こす子どもが多かった。
しかし、週30時間ナーサリーで過ごす方に自信を持つ子どもが多く、より社会性が身についていたのは保育所に通う子供たちだった。Nursery link to poor behaviour



仕事を持つお母さんにはちょっとショックな結果かもしれませんが、託児所や保育園でお仕事をしている人には周知の事実じゃないでしょうか?
親ばかであろうが無条件の愛を与えることができる親とあくまで公平であり一歩引いた位置にいる保育者の愛なんて元々異質だし比べものになりませんから。そんなところに長時間いたら誰だって愛されたいという「難民」状態ですよね。
子育てをしながらどう仕事をするかは、母親だけの問題でもないし、いろいろと家の事情があるわけだから、ま、その辺を肝に銘じ、でも自分を責めないで仕事を頑張りましょうっていうところかな。


2007-04-03-Tue-23:20
日帰りでお出かけビューマリス

突然ですが、まずは、ビューマリスの説明を。

ウェールズの北にあるアングルジー島Isle of Anglesey

地図の上では本土とくっついているように見えますが、メナイ海峡を渡らないといけないれっきとした島です。
島の先っぽのところからはダブリン(アイルランド)行きのフェリーが発着しているのでアイルランドのナンバーの車もよく見かけます。
beaumarismap.jpg

イングランド王エドワード一世はこのメナイ海峡の両側にカナーボン、コンウィ、ビューマリスと城を築いていったわけです。

たくさん写真を撮った割には、こっちに気合が入っていないのが伝わってくる、とチェックを入れられたので、今回と次回は気合『総動員』でお送りします(笑


今回行ったビューマリスは海岸沿いの小さな小さな町でした。


ツヤツヤしたカモメの羽を見てジャンクフードとは無縁そうだななんて思ったり。

確かに風は肌冷たかったけど、見事なほど人気がない海岸に驚いたり。
DSC01451.jpg


世界遺産があっても、派手に観光地化しないところがイギリスと言えばイギリス…
一応、街一番の繁華街でした。
DSC01393.jpg


突き当りがお城だろうが土曜日だろうが、やっぱり人がいません。
DSC01390.jpg


キーワードは「のんびり」ですね。



2007-04-01-Sun-16:50
英国北西部で遊ぶビューマリス城とステムジンジャーマフィン

海外に行ってきました。
DSC01428.jpg

ウソです。

でも、一応国外ってことになるのかな。

ビューマリス城Beaumaris Castleまでドライブしてきました。
castle.jpg

世界遺産に登録されているんだけど、人はまばら。
街も小さくて閑散としていて、土曜日&イースターで学校も休みなのにこんなに空いていてどうしちゃったのかしらと思うほどでしたよ。

帰りにスタバで休憩した際に挑戦した新メニュー。

スキニー・ステムジンジャーマフィン
Skinny Stem Ginger Muffin



中にブツブツとステムジンジャーが入ってるけど画像では見えませんね。
ステムジンジャーは、生姜の甘露煮って言ったら想像つくかな。
生姜をお菓子に入れることをあまりしない日本人には受け入れにくい味かも。

DSC01457.jpg


ジンジャージャムが好きなので、私はOK。でもレモンマフィンの方が好みだな。

カロリーチェックしてみたのですが、リストが古いままだった…
でも、まあ、スキニーなので、他のスキニーマフィン達同様に一つ300kcal台後半じゃないかと思います。
あ、ブルーベリーマフィンってブルーベリーチーズケーキよりもカロリー高かったのかっ!

そういうわけで、(どういう訳かは不明)ビューマリスの写真は、フェリちゃんのほうでもせっせと更新していますので見てやってください。
画像リンクつき、直接飛びます(笑
DSC01406.jpg



HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。