旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007-09-30-Sun-07:22
日帰りでお出かけエジンバラの美術館

エジンバラのおまけ

ロイヤル・スコティッシュ・アカデミーでアンディー・ウォーホール展が開かれていました。

目を惹きます。




この遊び心が素敵ですよね。
スポンサーサイト


2007-09-28-Fri-03:44
気になるニュースビアトリクス王女、映画出演が決定

王位継承権第5位のビアトリクス王女(19)が侍女を演じることが決定しました。

若き頃のヴィクトリア女王を描いた物語で、リンカーン大聖堂にてロケが予定されているそうなので、旅行中の人、近所の人、チェックです。




母、ヨーク公爵夫人セーラさんがエグゼクティブ・プロデューサーだそうで、アメリカでウェイトウオッチャーズ(*)のPRの他にもこんなことをしているたのですね。
アメリカってなんだかんだ言っても「王族」好きですよね。

それにしても、ビアトリクス王女はお父さんのアンドリュー王子に瓜二つ!

(*Weight Watchers ポイント制のダイエット方式のクラブ。基本が一日21ポイントって位しか知りません。ダイエット食品も売ってます。こちらはハインツ社と提携。カロリー低いけどスターチっぽいのが玉にキズ。)


2007-09-27-Thu-00:03
気になるニュースモノポリー、英国都市版

1935年の発売以来、累計のプレーヤー数世界一を誇るボードゲーム『モノポリー』(タカラトミー社HPによる)

モノポリーといえば、ロンドンの一等地をどんどん独占(モノポリー)していくゲームで、ロンドンのほかにもマンチェスター版とかエジンバラ版といったご当地版が出ているのですが、今回初めてイギリス全国版が発売されました。

Monopoly launches UK-wide edition

今回の都市は一般投票によって選出されたそうで、当初の結果ではリバプールは入っていなかったために、市が直接直訴したとか。
たかがゲーム、されどゲームです。

そして、気になる22都市は次の通り。
herenow.jpg


リバプールはリーズとともに一番安い土地になってます。
まあ、確かにイングランド北部は南部に比べたら家の値段が安いですけど、でも、ゲームでも安い所なんて夢がなくて哀しいと思うのはリバプール在住だからでしょうか。
この結果を見ると、どう考えても『組織票』の都市がありますね。
どうして◎◎がリバプールよりも上なのよ?って思う町がいくつかあります。
◎がどこを指すかは、あえて空白にしておきます。


2007-09-26-Wed-00:30
日帰りでお出かけ750マイル

帰宅途中。

まだここはスコットランド。
イングランドとの『国境』に面した、ボーダーランドを走行中。

border.jpg


標高が高そうに見えますが、高速道路で最も標高が高い点はM62にあるから(ヨークシャー)、実際はそれほど高くないのかも。

木も見えない丘陵地帯が湖水地方に入るまで続きます。
湖水地方に入ると、これがもうちょっと険しくなる感じ。

土曜日は、スタフォードまで行き150マイル。
その後、深夜からエジンバラまで行き、600マイル。
週末に750マイル走ったんですよね。


…1200kmですよ。よくやった、私。

翌日お休みを取らないなんてmadだと言われましたが、はい、自覚しています。



2007-09-25-Tue-03:14
日帰りでお出かけ新しいお友だち

2年3ヶ月ぶりのエジンバラ。

朝です。

DSC02259.jpg


朝マックをしたあと、待ち合わせの時間までしばらくあったのでお城の周りをぐるっと一周しました。

前回もここで写真撮ったっけ。

DSC02264.jpg


長距離バスに乗り損ねても、めげずに徹夜で車を飛ばした理由はただひとつ。
ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblogのcrabさんファミリーにお逢いするため。
なんとしてでも行かなくっちゃ。

ブログでおなじみの長男君と次男君が目の前で喋っているのがとっても不思議な感じです。
か、かわいい!

うちのフェリちゃんと一緒にハイチーズ♪
お友達になってもらってよかったね!

DSC02268.jpg


crabさんに初めてお会いしたのは、2005年の1月。生まれて初めてオフ会なんてものに参加したのですが、このときの感想を
個人的には今度はラグビーシャツで登場して欲しいなあと思ったりして…記事に書いていたのですが、今回、その望みが叶いました(笑
親子お揃いのスコットランドのシャツで登場です。

エジンバラ城観光をこの日のためにとっておいてくださったのですよ。

DSC02275.jpg


夏に来たときよりも混んでいました。
みんな、お城を観光してから午後ラグビー観戦に行くみたいで、戴冠用宝器があるところはなんと30分待ち!!
退屈だろうなと思ったのですが、長男君も次男君も実にお行儀よく並んでいました。
二人ともいつもニコニコしていて長旅中とは思えない機嫌の良さにびっくりです。パパとママ、どちらの性格に似たのかしら?ママだね、きっと。

DSC02269.jpg


これが、いま、ドーンってしちゃったらどうする??

小さな子の想像力には到底かないません。

ぼくね、夢を見るんだよ…

長男君と次男君の半日の語録で記事が10は書けるに違いない(笑

DSC02272.jpg


タータンチェックのダッフルコート。
スコットランドに来ることなんて全然意識せずに、たまたま~だったそうですが、雰囲気にピッタリですよね。

このあと、エジンバラ・ダンジョンにみんなで行きました。
船に乗って行くんだ!と楽しみにしていた割に、かなりショボイ『船の旅』で、期待させておいてこれだけかい???と言いたくなりました。
でも、小さい子も入れるくらいでちょうどいいのかな。
記念写真は楽しかった!どこに飾ろうかしら。

遅いランチを食べた後、ラグビーW杯スコットランド対ニュージーランド戦を観戦するcrabさんファミリーとお別れ。

さようなら、じゃなくて、またね。
crabさん、ママ、長男君、次男君楽しいひとときをありがとう!!




あ、今回はほとんど写真を撮っていません。
前回訪れた時の記事と写真はコチラ。
The Secret Garden
エディンバラへ日帰りドライブ


2007-09-24-Mon-10:00
私の毎日National Express

いつもは自分で運転するのですが、昨日は特別に長距離バスの予約を取っていました。

というのも金曜は夜も仕事。土曜日は朝からスタフォードに行かなければならず、さすがに長距離運転はしたくなかったのです。

リバプール・ジョンレノン空港、9月22日23時半発、マンチェスター行きのバス。




一度、家に戻り、リフレッシュした後、まだ時間があるなあ…と






はっと気がつき、時計を見たら、23時55分。
しまった、寝てしまっただけじゃなくて、完全に乗り損ねた!
これまた寝てしまっていた息子もたたき起こし、バッグとチケットをつかみ、家を飛び出して車でマンチェスターへ。

そう、マンチェスターは乗り換え地だから、もしかしたらエジンバラ行きのバスには間に合うかもしれない。

マンチェスターを発つのは、午前1時10分。一時間しかない。
とってもキビシイのは分かっているけれど、トライしなくちゃ。


無理でした。
乗車時間のとき、あと100mというところまで来ていたけれど、近くの駐車場に置かないといけなかったし。

行くのを諦めようかとも思いましたが、お友達に会いに行くと決めていたのだから、行くの、と自分に言い聞かせて行ってきました。

エジンバラ。



[ まだまだ続く… ]


2007-09-24-Mon-08:51
私の毎日ただいま

戻ってきました。




気がつけば、20日ぶりの更新になってしまいました。

もうちょっとまめにならないと。


今日は、『ほぼ日帰り』でエジンバラへ行ってきました。
頂いたバースデー・プレゼントのティーカップとパリお土産のマカロンで早速お茶の時間。

片道2時間以上かかるところへは滅多に行かないのですが、今回は特別だったのです。
一時はどうなるかというハプニングもありましたが、会えてよかった!


2007-09-04-Tue-23:45
気になるニュース女性ビーフィーター誕生

ビーフィーターの愛称で親しまれるロンドン塔の衛兵、ヨーマン・ウォーダーに、1日、520年の歴史上初の女性が就任した。
5人の男性候補を退け女性初のヨーマン職に就いたのは、スコットランド、アーガイル出身のモイラ・キャメロンさん(42)。
過去2ヶ月の間キャメロンさんは、宝物庫の警備や観光客への案内の他にビーフィーターが行う21の仕事について特訓を受け、晴れの日を迎えた。

キャメロンさんは、ユニフォームの『素晴らしい、大きなポケット』にコンパクトミラーとリップクリームを潜ませている、という。

ヨーマン・ウォーダーになるためには、勤続22年以上で善行賞などを受けた者でなければならない。
Beefeater makes history at Tower

BBCの動画ニュース(英語)



動画ニュースの方で、『女性のビーフィーターってどう思う?」と観光客に聞いているのですが、中には『伝統なんだから、女性はだめだよ』なんていう奴がいるのですよ。頭固い~
そういう意見をする男性のアクセントを聞く限り、イギリスよりも男女雇用均等法が徹底している国から来た方だと思うんですけど。


2007-09-03-Mon-07:15
私の毎日クッキー

あ、これ、誕生日のプレゼント。

おいしそう。お母さんが作ったの?

…お母さんが作ったんじゃ、プレゼントにならないじゃない。

あ、そうか。ごめん。


高校生の男の子から手作りのクッキーをもらいました。




あ、全部じゃないよ。みんなにも分けないと。

え~、私は単なる残り物係だったんですか?それでも嬉しいけど。

みんなに分けるために70枚位焼いたのだそうだ。

すごい、まめだね。うちに下宿しない?

いえ、それは遠慮しときます。


そういえば、中学生の時、クラスの女子がせっせとお菓子を焼いてはお目当ての男子にプレゼントしていましたっけ。
完璧主義の乙女座にしてみれば、手作りのものをプレゼントするなんてプレッシャーです。
それに、自意識過剰で普段は声がかかるのを待つのがこれまた乙女座ですからね、男子にアタックするなんて危険は冒すわけがなく…
果敢に男子に挑んでいる女子がうらやましかったです。
当時の性格ですから。今と違うじゃないというクレームはお断りします(笑


[ まだまだ続く… ]


HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。