旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008-07-31-Thu-03:27
リパブールマシューストリート

私ってリバプール市内にずっと来ていなかったのか?!

マシューストリート入り口のハード・デイズ・ナイト・ホテルHard Days Night Hotel
あれ、ここにあったのパブじゃなかったっけ?

DSC07135.jpg

中に入ってみたかったけど、今日は買い物療法がメインなの。

DSC07138.jpg

マシューストリートにあるキャバーンに登場したアーティストの名を刻んだ壁。
前回のバスターネタで、友人だと豪語した彼のバンドもここにあるというので冷やかしの種にと写真を撮ったのですよ。

DSC07134.jpg

バンド名、多すぎ。
スポンサーサイト


2008-07-30-Wed-03:05
Super Lamb Banana今日のスーパーラムバナナ

61 Lamsa



Bluecoatにあるスーパーラムバナナは、なんとなくアジアンテイストで素敵。

DSC07143.jpg



2008-07-28-Mon-00:03
GOGO!ダイエットチャイナ・ローズ・ティー China Rose Tea

Roses Tea Roomのチャイナ・ローズ・ティーとキャロットとくるみのケーキ。

美味。でも、全然ダイエットにならん。

DSC00207.jpg

バラの香りと味がする紅茶は今までにも飲んだことがあるけれど、中国茶にバラというのは初めて。
中国茶だから紅茶の苦味もなく、すっきりしていて飲みやすいから、ちょっとこってりしたケーキにぴったり。
[ まだまだ続く… ]


2008-07-27-Sun-21:56
やっぱり80’sThe Beat Goes On

欧州文化首都を記念して、リバプール博物館で行なわれているThe Beat Goes On展。

ギネスブック(The Guinness Book of World Records)によると、リバプールは人口に対してもっともヒットを生み出した街なのです。



個人的にはやっぱり80年代でしょう。
マシューストリートにあったという「エリック」に行ってみたかった。

これだけ、スターを生み出す街ですから、目撃者(?)も多い、多い。

知人のおばあさんが、以前
「(デッド・オア・アライブの)ピートバーンズがよく家の前を歩いていてねえ、礼儀正しくて、必ず挨拶して行ったのよ。当時近くに住んでいて、この先に住んでいた友人の家に通っていたのよ。」と話してくれて、妙に感動したのですよ。
当時は、19歳くらいで、それでもものすごく目立っていたそうで、スターの放つオーラなんでしょうか。
ちなみに彼の友達の家というのは、後のフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのメンバーだそうです。

DSC07123.jpg

今回、この特別展を見に行った理由は、これ。↓
バスターbusterのノベルティグッズ。全て日本製。

数ヶ月前に、いきなり「アルタネーティブ・ラジオって知ってる?」と聞かれ、
名前は聞いたことがあるけれど、曲は聴いたことがないの、と言うと、
「バスターって覚えてる?あのフェンナー兄弟がやってるんだ。」と教えてくれたのです。
当時、バスターはベイシティローラーズの弟分みたいなコピーで売り出していて、「夢見るバスター」なんてラジオ番組まであったのですよ。
(でも、彼らの方がバンドとしては古いんだそうだ)
でも、肝心の曲を思い出せない。何とリアクションしていいのか困った。(笑

DSC00209.jpg



この写真を撮った後、バスターのメンバー知ってるんでしょ?とメールしたら
全員友達だ
と駄目押しの訂正メールが来ました。

調べたら、フェンナー兄弟の実家、うちのご近所でした。


2008-07-26-Sat-00:16
レトロなものが好きなのSolid State



UHF とVHFのスイッチ。
と言っても、何のことだか分からない人も多いだろうなあ。

DSC00196.jpg

SONY製。
そんなことよりも日本製というところにこだわりを見せるための上書きシール。

これは、何でしょう?
[ まだまだ続く… ]


2008-07-25-Fri-20:50
Super Lamb Banana今日のスーパーラムバナナ

113 Past Port to the Future



片面は、古い新聞や写真の切り抜き、もう片面は子供たちの絵で過去と未来を表現しているラムバナナ君。

DSC07098.jpg


2008-07-23-Wed-00:22
レトロなものが好きなの移動遊園地

先日、移動遊園地が来たのです。
とっても規模が大きくて、大人もちょっとと思うような絶叫マシーンもたくさんあって、すごいなというのもありましたが、一番感心したのは、トレーラーに折りたためるような超コンパクトなデザイン。
でも、そこまで規模が大きくなってしまうと、ちゃんとした遊園地に行った方がいいんじゃないかとも思うのです。

その点、小さな移動遊園地は、一種の哀愁があって好きです。

DSC07104.jpg

タイムスリップしたような錯覚を起こしたのは、子供の姿がないから。

DSC07106.jpg

乗り物の絵がブラッツ(BRATZ)なんだけど、新しいものもレトロ風にしてしまうところは、ある意味アートと言えるかもしれません。


2008-07-22-Tue-23:50
Super Lamb Banana今日のスーパーラムバナナ

112 Cloudorama

美術館の前にたたずむクラウドラマくん。


DSC07101.jpg

美術館ですから、アーティストの手によるものなのですが、なんか物足りない気がするのはなぜでしょう?



どう見ても犬にしか見えない…


2008-07-21-Mon-09:34
Super Lamb BananaGo! Super Lamb Banana

リバプールのシンボルといえば、ライバーバード。
ライバービルのてっぺんにいる伝説の鳥なのですが、まあ、これがシンボルなのは、誰もが認めるところ。

そして、第二のシンボルといえば、スーパーラムバナナ。




初めてスーパーラムバナナを見た時の印象が、「なんと不細工なヤツなんだ?」
巨大な黄色の犬?と思ったら、ヒツジだなんて。
こんなアートに市民税を使うなんてもったいないって思いましたもの。

でも、慣れというのは恐ろしいもので、
「結構かわいい」と思えるようになるのです。

そうなると、まあ街のあちこちにあってもいいんじゃないか、と思えるようになるものです。

欧州文化首都都市を記念して、町のあちこちにこのミニチュア版が展示されています。

115 Flora Lambanana

DSC07110.jpg

公園内のフローラムバナナは花柄でキュート。

DSC07111.jpg


ところで、オリジナルのスーパーラムバナナは、日本人の作品なのですよ。
元々、ストランド(通り)にあったのですが、いつの間にか動いていました(笑
イエローサブマリンも近く(チバスパーク)にあったのに動かされちゃったし、リバプール市、結構目印になるものを動かしてくれます。




2008-07-20-Sun-08:23
リパブールTall Ships

リバプールに、今、帆船が大集合中。

DSC06945.jpg

21日(月)に行なわれる、帆船のレースの前に、その優雅な姿を一般公開中なのです。
雨が降ったり止んだりに加え、強風のあいにくのお天気でしたが、停泊しているから大丈夫。
航海中だったら船酔いで死んでいるかもしれません。

DSC06947.jpg


船員さんとツーショット
[ まだまだ続く… ]


HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。