旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006-05-02-Tue-07:01
レトロなものが好きなのロケットとマラード

前の続きですこちらもどうぞ

ヨークの国立鉄道博物館に行ったらやっぱり世界初の旅客機関車ロケットは見ないとね。

DSC05053.jpg


昔、改装前のリバプール博物館にもロケットのレプリカはあったのだけど、これほどピカピカはしていなかった記憶があるのですよ。
前出のマンチェスターの博物館にしても、リバプールにしても、旅客鉄道の発祥の地なんだから、ヨークに負けないで欲しいな...

そして、個人的にはロケットよりも見たかった世界最速の蒸気機関車マラード号。
なんてったってホーンビーの鉄道セットでしかお目にかかったことがないんですから。
DSC05057.jpg

こんなに美しい流線型の汽車が走っていたなんて、当時のイギリスの国力ってすごかったんだろうな。

汽車を見ながら、これは0-4-0パニア・タンク・エンジンよ、とか言えちゃう自分が怖い...(マラードはもっと車輪があるよ)
その位、機関車トーマスを読まされました。それも、リンゴスター張りのスカウス訛りで(笑

DSC05073.jpg


それにしても汽車の他にもディーゼル車とか電車とかありましたよ。

で、電車といえば...

続く
スポンサーサイト


Comment

2006-05-02-Tue-10:51
感動です~

マンチェスターの博物館には2度ほど行きました。さすが発祥の地だな~って、感動したのを憶えてます。でもこのヨークの博物館も凄いですね~。何で彼らは現在もこんなに綺麗に保存できているのでしょうか?写真でも感動です。現地に行って見たいです。

2006-05-02-Tue-13:37
Happydogさん

機会があれば、時間をかけて見て下さいね。
ヨークは見るところが多いので、一日で回るのはとても無理ですね。
うちもいくつかはまたの楽しみにしているんですよ。
保存状態がいいのは、ボランティアの手によるところも多いいんじゃないかしら。じゃないと、入館無料でここまではできないですよね。

2006-05-02-Tue-17:46
本当に

美しい形ですね、この青い汽車は、当時の日本はと考えると同じ人間なのに文化や国が違うだけでこんなにも作り出す物が違うなんて考え深いですね。
頭の隅にインプットしましたんで、いつか見たいと思います。

2006-05-02-Tue-17:52
そうそう

ついこの前こちらのTVでイギリスのどこかで、古い機関車を大切にメンテナンスしてお客さんに乗せる場所があるとか、、夜中の番組で初めてみました、、たまにこちらではイギリスの田園風景を流すTVがたまにあって録画して楽しんでます。

2006-05-02-Tue-20:08
名前がお洒落

しかしマラードって名前から早いイメージが湧かないないね(笑)。ロケットはそのまんまで、カッコいい。

2006-05-07-Sun-18:20
yokopipiさん

お返事遅くなりました!
うちから遠くないところにも保存鉄道があって、息子が子供の頃はよく連れて行きましたよ。ここもそうですが、ボランティアがあってのこの状態が維持できるんですよね。
本当に蒸気機関車とは思えない形なんですよ。
是非是非見に行ってくださいね。

2006-05-07-Sun-18:21
あkさん

ほんと、どうしてマラードという名がついたんでしょうねえ?
今度誰かに聞いてみようかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://ukstyle.blog6.fc2.com/tb.php/103-462f936f

HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。