旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006-10-30-Mon-04:53
英国人気質イギリスのサマータイム

イギリスのサマータイムの事を調べてみたら、面白かったのでメモ

・1972年の夏時間法(The Summer Time Act 1972)では、
ブリティッシュ・サマー・タイムは3月の第3日曜日の午前2時(GMT)に始まる。その日がイースターに当たる場合は2週目に繰り上げられる。
終わりは、10月の第4日曜日の午前2時(GMT)となっていた。

・1981-1994の間は、他のEU諸国と足踏みを合わせる形で、夏時間は3月の最終日曜日から10月の最終日曜日と固定された。
そのため、最終日曜日がイースターでも、その日に夏時間が始まることになる。
1981年には、夏時間の開始と終了の時間も午前1時(GMT)に変更された。

・2002年からは、EU加盟国は夏時間を同時に始めなければならないという法律(The 9th Directive)も施行され、イギリスの夏時間法も変更された。

・イギリスの夏時間が戻らず、年間を通して夏時間だった期間は、第2次世界大戦中の1940年2月から1945年10月と1968年2月から1971年10月までの2回。

・1941年から1947年の間はダブル・サマータイム(+2時間)が導入された。
(1946年を除く)



戦時中のダブル・サマータイムというのは、敵国と同じタイムゾーンで戦おうってことですね。非常に判り易い。
今、ダブル・サマータイムを導入しようという声は、『EUで一つの国』構想からきているんでしょう。これまた判り易い。
サマータイム要らないよと言ったところでEU議会によるがんじがらめの状態では、変更の余地は殆どないのかもしれません。

スポンサーサイト


Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://ukstyle.blog6.fc2.com/tb.php/275-1268bb5f

HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。