旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006-02-18-Sat-10:19
私の毎日自分の中の最も古い記憶

この歳で、といっても歳には関係ないんだけど、作文なんてものを書いています。

そうです、エッセーでも、論文でもなくて作文。

毎年この季節になると書かないといけないんだけれど、さすがにここ2,3年はネタ切れの恐怖に襲われているんですね。
ブログでは、だらだらと駄文を書き連ねているくせに、書き手が出ちゃうだけにこれはまた別物なわけです。

今年は、自分が赤ちゃんだった頃の作文を書いているのだけれど、
書いていてふと思ったのが、自分の記憶だと信じていたモノは、実は写真や周りの人の話を自分の頭の中で想像して再現しているだけであって、本当の記憶ではないんですね。
初めて離乳食を食べたとか覚えている訳がないよね、ってこと。

それじゃあ、私の中の最も古い記憶はというと、ちょうど3歳頃。3歳児クラスに在籍している時の記憶だから間違いないんだけど、その中のどれが一番古いのかは自分でも判らないし知る由もないわけで。
けれどもこの辺りから急速に記憶力がついたように思う。

興味深いのは、職場の子供達がちょうど3~4歳児なんだけど、見ているとある日突然、昨日、明日といった時間に対する概念が確立するんですよ。
それまでも、この前スイミングに行ったとか言うんだけど、この前が昨日なのか一週間前なのかといった細かいところまでは本人もイマイチ分からない訳。
時間の概念が確立すると、自分の中の記憶にタイムスタンプが押されるんだろうな。マイルストーンと記憶が一致するなんて思ったことなかったけれど、精神発達で考えると当たり前の事なのかも...


なんて、考えている間にも時間は過ぎていく一方ですね。
締め切りは今朝なのに早く作文を書かないとだめじゃない。

スポンサーサイト


Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://ukstyle.blog6.fc2.com/tb.php/29-a8c1ade6

HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。