旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2004-09-21-Tue-00:00
レトロなものが好きなの昔のお金で買いものをする

ブリスツヒル内だけで使える昔のお金。


上が3ペンス、左が1ペンス、中央が2分の1ペンス(Half Penny)、右は4分の1ペンス(Farthing)です。
1971年に現在の10進法の通貨を使うようになるまで、イギリスはかなり複雑なものを使っていました。
1ポンド=20シリング(s)
1シリング=12ペンス(d)
1ポンド=240ペンス(d)

で、実際にお店の表示となると、こんな感じ
大きなポークパイは6と4分の1ペンス...↓



ここ、ブリスツヒルでは今のお金も使えるので、使うほうはもっと頭が混乱してきます。

イギリス人がおつりを渡す時に足し算をするようにして渡すのは、この複雑な通貨のせいかも知れません。
スポンサーサイト


Trackback

http://ukstyle.blog6.fc2.com/tb.php/391-71bf4b80

HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。