旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007-01-11-Thu-21:25
リパブールリンゴ・スターの生家が移転?

ビートルズのメンバーの生家に移転の話があがっている。

リバプール博物館グループでは、リンゴ・スターの家を建造中の新博物館に移転するための話し合いを行っていると発表した。
合意に達した場合、リンゴの家は旧Museum of Liverpool Life(生活史博物館)に移転され、新博物館の完成は2008年を予定している。

リバプール市内トクステス地区にあるリンゴ・スターの生家一帯は老朽化が進み、リンゴの家も再開発のために取り壊しが予定されていたが、ニュースになって取り壊しが中止されていた。Ringo's house to be museum piece




この家はリバプール市が、リンゴは生後3ヶ月までしか住んでいなかったので、歴史的価値はないとして取り壊そうとした家ですね。
移転予定先は、海洋博物館の隣。世界遺産のライバービルのすぐ横で、観光の目玉となることは容易に想像できますが家ってその場所にあるからこそ価値があると思うのですよ。
トクステス地区にあること自体が大切なのだと思うのですが。
この地区がどんな地区か実際に行かないと分からないでしょ?
スポンサーサイト


Comment

2007-01-22-Mon-19:14
トクステスに反応しました。

懐かしい地名を見てまた、お邪魔させていただきました。 トクステスは、変わらず厳しい環境下ですか? 1981年の暴動で世界にアピール?しましたよね・・・でも、その地区にあった語学センター、それも2ヶ所で、あの最悪の失業率、経済状況の中、テキスト代レッスン料全て無料で英語が母国語でない人たちに、なんの条件も無くウエルカム状態で、質の高い授業を提供してくれたリバプール市には、感謝してやみません。 イギリスって懐の深い国だなあ~って、あの時以来イギリスのファンです。 

2007-01-24-Wed-01:20
Miyukiさん

こんにちは!
あの地区は全国的に知れ渡っただけあって、市がかなりの予算をつぎ込んでイメージ向上に努めているんですね。だから、私が来てから、かなり表面的には変わりましたよ。でもケンジントン、エバートン共にまだまだ厳しいのが実情かな。格差はいつまでたっても残りますよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://ukstyle.blog6.fc2.com/tb.php/414-cb75f314

ビートルズ記念切手、英国でビートルズ記念切手が発売!

英国で発売が開始されたビートルズ記念切手。 英国でビートルズ記念切手の発売が開始されたようです。詳しくは続きをどうぞ!

HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。