旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007-01-24-Wed-03:18
英国人気質猫も振り回せないフラットに住みたい?

家の値段が急騰中のイギリスですが、ロンドンに家を買いたい、それも出来たら一等地がいい..
でも、予算が....
なんて考えているアナタ、こんな物件はいかが?

ウェストロンドン、チェルシー地区にあるフラットの地下階が17万ポンド£170,000(4千99万円3千円 )で売りに出ています。

ダイニング兼寝室のラウンジは、サイズがスヌーカーテーブル(英国版ビリヤード台)とほぼ同じの1.82mX3.65m。
物置を改造したバスルームが別途についています。

15年以上使われていなかったために、住む状態にするためにさらに3万ポンド(723万円)かかるといいますが、それでも週日だけ住む家として最適とかで、先週の水曜日に公開されてから2日間で既に3件からのオファーがあったそうです。

No room to swing a cat (or a cue) in the 12ft x 6ft flat for sale at £170,000

この家に住むためのカギは『禅』
ごちゃごちゃしたものは持たずに布団で過ごす。
部屋の壁は、部屋を大きく見せる明るいトーンで、反対側の壁にも鏡を使う。

イギリスらしいアドバイスだと思ったのが、
ドアを外開きにするように取り付ける。

というのも、ドアは必ず内側に開けるようになっているのです。
昔は、建築法で定められていたといいますが、いつまでこの法律だったのかはちょっとわかりません。とにかく、反対に(外開き)しても良いことになっていても、玄関が外開きになるなんて実際見たことないし...(裏口を反対にした人は知っているけど)

狭いながらも楽しい我が家、ってことですね。



ダメダメダメ!
こんなところに住んだら閉所恐怖症になりそう。
そこにいて心地よく感じる広さがないと私はダメ。
あまり狭いと鬱になりそうじゃないですか。
実際、上のフラットよりも一回り小さいイギリス最小のフラットがノッティングヒルにあるそうですが、その大きさは、法で定められた独房の最低基準の広さよりわずかに広いだけだそうで、それに2千2百万出すなら、マージーサイドで家を探すよと思いますわ。

スポンサーサイト


Comment

2007-01-24-Wed-23:29
えとえと。

りささん、この物件って狭すぎません?!
よくわからないけれど、2~3坪くらいでしょ?
土地の所有権(占有権?)あるにしても高い・・・。
フラットの地下階って・・・。(--;環境サイアク。

ちなみにこの記事のイラスト、ひどいですね(^^;
ホントに猫を振り回してますよ!

2007-01-29-Mon-10:38
環さん

ふと、この仕事部屋と同じ大きさなんて考えて記事書いてましたよ。
そこまでしても、やっぱりチェルシーという土地柄に惹かれるかななんて思ったり。
旅行者向けのウィークリーマンションにしたら、結構いいかもしれませんね。あくまでも短期間向けですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://ukstyle.blog6.fc2.com/tb.php/429-0f9a4118

HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。