旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007-03-01-Thu-00:07
プラハに行ったよプラハ城1

今回は画像が多いので、あまり書かずに一気に行きます。

カレル橋を渡りマラー・ストラナ(小地区)に入りました。
DSC01106.jpg


城は小高い丘の上に建っているのでひたすら登り坂。

DSC01111.jpg


ここまできたらあと少し。
でも、この階段はきつかった。
普段の運動不足が足にずしんと来た感じ。
DSC01109.jpg


プラハ城入り口に到着!
近衛兵がいる!!

DSC01112.jpg


中で2日間有効のチケットを買いました。
別々に買うと大人350コルナ、子供175コルナ。
ファミリーチケットが大人2人子供2人有効で500コルナ。
どう考えてもファミリーチケットの方が安いのに、買うときに何度も「ファミリーか?」と聞かれたのは何故?

再び門をくぐると目の前に現れる聖ヴィート大聖堂。

DSC01118.jpg


20世紀初頭まで建築していたんだそうだ。

DSC01119.jpg


ここにミュシャ(ムハ)のステンドグラスがあるんだけど、見学は後ほど。

大聖堂のモザイク↓

DSC01121.jpg


まず入ったのが旧王宮

欧州最大規模のヴラディスラフホール。
DSC01123.jpg


梁とかシャンデリアがゴシック様式で、うちのインテリアのヒントにしたいと思ったり…

DSC01125.jpg


錬金術師達が住んでいたところから名前が付いた黄金の小道。
中世では多くの国が錬金術を禁止していたため、錬金術師たちが流れてきたのだそうだ。

DSC01125.jpg


青く塗られた家はカフカの仕事場だったところで1916年の11月から半年下宿していたそうだ。

黄金の小道から牢獄だった塔、ダリポルカに入ったとたん時間切れ。
半分しか回れませんでした。


スポンサーサイト


Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://ukstyle.blog6.fc2.com/tb.php/444-cdb32c06

HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。