旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007-03-01-Thu-23:52
プラハに行ったよプラハのお祭り

今回も画像が多いです…

さて、プラハ3日目。
プラハ城のあと半分を見学する前に、ミュシャ(ムハ)美術館へ。
実は、世界遺産が見たいよという理由のほかに、うちの居間に飾るポスターを買うのが今回の旅の目的だったのです。

ムハっていうのはチェコ語の読み方なんですね。上映していたミュシャの生涯も英語だったけど発音はムハに近かったです。
チェコ独立のために働いたことや晩年ゲシュタポに逮捕された事など、知ってからもう一度絵を見ると、今までとは全然違う印象を受けました。

で、ポスターは一番大きなサイズを買いましたよ。
息子が選んだのが『四芸術』の「ダンス」だったので同じシリーズで「音楽」も。
できたら4枚揃えたかったけど、4枚飾るほど部屋が広くないし。

ポスターを手にしてプラハ城へ。
時は金なりですから、今回は地下鉄で、昨日とは反対側の登山口から入りました。




こっちの方が楽です。
でも、上りにはかわりない。

DSC01151.jpg


聖ヴィート大聖堂に戻ってきました。(外観の画像は以前の記事でどうぞ。)

DSC01153.jpg


2日券とは別に入場料が必要だったのもあって、ちょっと見ただけで出てきちゃいました。

ミュシャが手がけたステンドグラスは正面を向いて左手側、手前から3枚目です。線がひときわ太くてすぐにミュシャと分かります。

DSC01161.jpg


聖堂を出て、次の見学場所の聖イジー教会へ。

DSC01164.jpg


チケットは場内6ヶ所を見学できるのですが、さすがにもういいって感じで最後を見ずに城の門を出ると…

不思議な一団がいるのを発見しました。

DSC01171.jpg


それぞれが仮装して、
音楽を演奏して、
歌って

DSC01177.jpg


大人の観光客にお酒を振舞い
(見た目はウォッカのようだった。私はもらえず。)
子供には飴を配り
(息子と、なぜか私ももらった)

DSC01179.jpg


これから「広場」まで行くんだ
というのでハメルーンの笛吹き男についていく子供たちのように、ぞろぞろと後をついていきました。
聞くとお祭りなのだそう。
何のお祭りなのかと聞いたら
別に何のお祭りでもないお祭り
なのだそうです。

DSC01185.jpg


カレル橋のたもとの広場まで降りていった一団は、そこの仮設ステージで歌ったり踊ったりしていましたよ。
露店もたくさん出ていて、そこでチェコ料理グラーシュを立ち食い!!
シチュー立ち食いって滅多にしませんって。
スポンサーサイト


Comment

2007-03-02-Fri-15:26

ミュシャが手がけたステンドグラスは近くで見るとミュシャっぽいんですね。。色彩ゆたかではっきりしていて奇麗ですね。

大聖堂のモザイクとかカフカの仕事場の路地とかステキでした。
素敵な旅ですね。

2007-03-03-Sat-01:45
yokopipiさん

すぐに見分けがつくという画家ってあまりいないから、それだけでもミュシャってすごいんだなって思いましたよ。
あともう一日いたら回りきれたかも。残念~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://ukstyle.blog6.fc2.com/tb.php/446-9e5c2f90

HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。