旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007-03-29-Thu-23:06
英国人気質ダイヤモンドは永遠に

楽しみにしていた娘の結婚式を目前にして脳溢血で他界した夫をダイヤモンドにしたのはブラックプールに住むスーザン・イーガンさん。
遺灰から炭素を取り出し人工ダイヤにするまでの工程に24週間がかかるが、セレステさんの結婚式の前日に届いたため、無事バージンロードを歩くことができたという。
diamond.jpg


スーザンさんは、「ダイヤの色を主人の瞳の色と同じブルーにしてもらったんです。手元に届くまでこんなにも美しいものになるとは想像もできませんでした。」と語っている。

Family remembers 'diamond geezer'


イギリスでは、お墓もまだまだ健在ですが、遺灰を撒くのも一般的なんですね。
元々ボーンミールを肥料とするバラが特に好まれるわけですけど、お世話になった病院の花壇に撒くのも結構多かったりします。
後は、マージー川のフェリーの上で撒いているのもよく見かけます。これは、服装から空気を読んでさっと風上に移動しないと大変なことに…
モノに作り変えるのもよく聞く話で、葬儀屋さんから聞いてびっくりしたのが砂時計にして台所に置いて使っている人。イギリスでは遺灰は挽いて細かくするんですけど、砂時計にするためにはもっと細かい砂にするんだとか。
そういえば、最近も遺灰をガラスに混ぜて花瓶を作る人がニュースになっていましたね。
そう考えると、ダイヤモンドは永遠ですからいいアイディアじゃないかと思いますよ。

イーガンさんはアメリカの会社を使ったと書いてあってそれ以上は詳しく載っていなかったのですが、以前にも同様の記事があって、そこに、英国内で人工ダイヤを製作してくれるところのリンクがあったのでここにメモ代わりに貼っておきます。
LifeGem UK
値段が…高いっ。でも、墓地+墓石とか考えると私だったら迷わず人工ダイヤモンドを選ぶな、きっと。
スポンサーサイト


Comment

2007-03-30-Fri-10:59

lisalisaさん

遺骨をダイヤモンドに 聞いた事が有ります。

砂時計にはびっくりですね

2007-03-30-Fri-11:55

砂時計は前に記事で読みました。
日本でも遺骨をペンダントにする人がいるのは聞いたことがあります。ダイヤにするんじゃなくて、多分、かけらを入れたんじゃないかと思います。

2007-03-30-Fri-16:29

へぇーダイヤに砂時計・・・どっちもびっくりです。個人的に砂時計はちょっと怖い・・・・気がする。ダイヤにかえてもらっても、自分がつけれるわけじゃないしー(いやお金が無いだけの話・笑)。

2007-03-30-Fri-16:38
おととい

テレビでやってたんですけど、アメリカでの話しですが、娘さんが白血病で亡くなって、彼女の遺灰からダイヤにしたものをお母さんが指輪にして身につけていました。(こちらは黄色いダイヤ)
亡くなってもずっと家族のそばにいられるから、っていうのはステキですね。

2007-03-30-Fri-17:23
ダイヤモンドは猫に、、、

http://www.youtube.com/watch?v=cE2c_C2ALNU

題名だけ読んでDame シャーリー・バッシー が亡くなったのかと思いました。音楽ネタじゃなかったのか(笑)。

2007-03-31-Sat-01:07

へぇ~!すごい発想ですね~
砂時計はちょっとぎょっとしますね。。

たしかにダイヤモンドならコンパクトだしいいかもですね。
地球の裏側とはいわずとも遠くに引っ越したらお墓参り大変だし。

2007-04-01-Sun-17:00
ryuji_s1さん

花瓶もキラキラと金粉を混ぜたような感じに出来上がるので素敵でしたよ。

2007-04-01-Sun-17:01
yuki さん

そうそう、日本だと灰じゃなくて骨ですからね。
それも、ちょっとびっくりしちゃいますけど。

2007-04-01-Sun-17:02
sabaさん

私も砂時計は、ちょっと勘弁…
実物が見えるのって抵抗ありますよね。

2007-04-01-Sun-17:07
izumiさん

そう。実は、私も息子だったらダイヤにするかもと思ったんですよ。核家族が進んでお墓の面倒もままならない日が絶対に来るから、指輪とかだったら持っていてくれそうで。

2007-04-01-Sun-17:09
あkさん

違う違う(笑
彼女、年取りませんよね。不思議だ。
音楽ネタ。今チケット買おうか迷っているのがあるんですよ。もちろん80'Sですってば。

2007-04-01-Sun-17:13
きららノートさん

でしょ?やっぱりこれからは作り変えて持ち歩く時代なのかも…
それに、子どもの頃は仏壇そのものが怖かったから、ダイヤとかがいいなあ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://ukstyle.blog6.fc2.com/tb.php/483-ce244c3c

HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。