旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007-05-28-Mon-04:17
英国人気質浮浪者、ロンドンの一等地を取得する

石の上にも三年といいますが、ロンドン北部の一等地に20年以上住む浮浪者がその土地の権利を取得して話題になっています。


広大な公園、ハムステッド・ヒースの一角に建つ元老人ホームの庭に3.6mX2.4mの簡易小屋を建てて住んでいるのは、今年70歳になるハリー・ハロウズさん。
harry.jpg


20歳でアイルランドを離れイギリスに移民したものの、職も住むところも失い、浮浪者としてハムステッド・ヒースに移り住んでいたが、2005年に、ハロウズさんの小屋がある老人ホームの閉鎖と再開発計画に伴い土地の明け渡しを求める退去命令が出された。
現在まで土地の所有権については一切考えたことがなかったというハロウズさんだったが、長年住んできた土地であり、高齢のため今更他の土地に移り住みたくないと考えて土地の所有権を請求することに踏み切ったという。

イギリスでは、12年間その土地に住んでいればその土地の所有権を登録することが可能で、ハロウズさんは過去12年間老人ホームの庭に住んでいたという事実が認められたために、昨年9月に台帳登録を済ませ、今回正式に土地の所有者となった。
彼が手にした土地の値段は約4億8千3百万円に及ぶという。

開発業者はハロウズさんが住む土地をハムステッドヒースの所有者であるCorporation of Londonに寄付し、ハロウズさんの死後所有権を戻したいと考えている。
Tramp wins rights to prime land



彼は結構有名人でして、今までにも何度かTVのニュースになっているんですね。以前のインタビューでは、食料は老人ホームから譲り受けていたとかで、お金がなくても暮らせそうだななんて思いましたよ。さすがに冬場は寒そうですが、究極のエコロジー生活ですよね。

それにしてもイギリスの〈正式にはイングランドの)法律って、そんなのでいいんだろうかって思うものがありますね。
12年住んでいれば自分の土地になるならやろうって思う人とか、スクワッターの権利を主張する人が続出しそうだな。

これで思い出したのがイギリスのパスポートにポンと貼られる永住権(ビザ)ですけど、これもなんと申請の条件の一つに『合法、非合法を問わず、継続して14年間を超えて英国に滞在した人。』と明記されているんですね。ある意味太っ腹です。
スポンサーサイト


Comment

2007-05-28-Mon-10:57

こんにちは!拝見させていただきました☆とても楽しそうな生活で羨ましいです!!
私、6/7からイギリス(南部)に留学するんですが、なにか持って行った方が良いものとかありますか??
お時間有りましたら、このコメントに対して返事いただけたら嬉しいです♪

2007-05-28-Mon-22:48

これってアンフェアですよねぇ。
たしか日本でもそういう法律あったと思うんですけど(年数は忘れました・・)、東京のホームレスにしても居座っちゃったもん勝ちみたいなのはどうなんだ?と疑問に思います。
しかも非合法ってことは、ある意味犯罪者という認識にはならないのかな??
懐がおっきいとしときましょうか(´∀`;)

2007-05-29-Tue-00:20

>非合法を問わず、継続して14年間を超えて英国に滞在した人
本当にエゲレスってスゴイ^^;

確かに土地の所有権って日本にもありましたねぇ、確か。
(私も年数は知りません…)

2007-05-29-Tue-02:01
都市の空気は・・・

うふふ。
中世ヨーロッパでは、”都市の空気は自由にする”っていって
逃亡農奴が不法に隠れ住んで過ごしたとしても
1年と1日都市に暮らし続ければ自由民になれる、
というルールがあったくらいですからね。

合法・非合法を問わず「現実占有は九分の勝利」ですね。

持っていない側、弱い側にも
そのままでは手の届かない側にシフトできるチャンスを残す
一種の社会の”知恵”なんじゃないかとも思います。

2007-05-31-Thu-07:13

映画『堕天使のパスポート』(原題:"Dirty Pretty Things")を観て、
「イギリスの取り締まりってアメリカに比べてずっと厳しいんだなあ」
(↑アメリカに関しては「水際は厳しいがいったん入ってしまえばそんなに厳しくない」という印象があるのです。)
と思っていましたが、法律だけ見ると逆の印象を受けますね。
現実と照らし合わせると「厳しい取締りをかいくぐってきたご褒美」のようにも見えてきますが。

と言いつつ、実は、アメリカの現状がどうなのか、法律的にどうなってるか(知っているのは「不法滞在者の子どもでもアメリカで生まれれば市民権を得る」ということぐらい)、正確なことをよく知らないので今度ちゃんと調べてみよう。

2007-05-31-Thu-08:42
re*AYA* さん

お返事が遅くなりました。ごめんなさい。
そうですねえ、持って行ったらいいもの…
1:薬(構成物資とかはちょっとじゃ処方してもらえないから。)
2:かさばらないちょっとした日本食
3:日焼け止め。(日本によくあるさらっとした日焼け止めってあまりありません。)
4:ボールペンと消しゴム(あるけど日本製で高かったりする)
5:長袖の服。
こんなところでしょうか。別に何もなくても大丈夫、なんとか生活できちゃうもんです。

2007-05-31-Thu-08:48
きららノートさん

居座る場所を上手く選べば、追い出されないどころか自分の土地になるんですからものすごくラッキーですよ。
日本で、実際にやる人っているのかしら??

2007-05-31-Thu-08:51
まみこさん

離れた国なのに似た法律があるんですねえ~
公園で寝泊りしている人たちもたまに、ごそっと一時的に移動させられてまだ戻っているけど、ずっと住んでいたってことにしないためなのかなあ?

2007-05-31-Thu-09:05
ふぃよるどさん

へえ、面白い!
中世には人生の敗者復活制度みたいな法律があったのですね。
リセットできれば、私もやってみたいです。
同じ道を歩みそうではありますが…

2007-05-31-Thu-09:11
liyehukuさん

>現実と照らし合わせると「厳しい取締りをかいくぐってきたご褒美」のようにも見えてきますが
ですよね。イギリスの入国管理って厳しいですよね。旅券のビザを見て、子連れで手土産持っていても、「何しに来た」って聞いてきますから、勘弁してくれって思いますもん。

2007-05-31-Thu-14:56

ハムステッドに土地を得る、ってすごいですね。
確か、ものすごい高級住宅地ですよね。交通の便が良いとは思えないですが、そんなもの、気にする必要なんてない人たちばかりのところ。。
永住権も、ほんと、太っ腹ですね。非合法でも何でもいい、14年以上住み続けていれば、かぁ。
以前、バッキンガム宮殿に忍び込んだ(?)記者が、それを元にセキュリティの問題点を突いた記事を書いて、仰天させていましたよね。あんなことも許される国だからと思うと、妙に納得してしまいます。
それにしても、こんなことを聞くとトライしてみたくなりますね。

2007-06-01-Fri-07:17
valvaneさん

田舎に住む私にしたら、ロンドンというだけで「高い」ですから、真似したい衝動に駆られます(笑
それにしても、イギリスの報道はすごいですよね。報道の権利と自由が世界でも一番認められている方なのかも?

2007-06-01-Fri-09:29

こりゃまた、こんなところで12年もよくがんばった!という感じですが、所有権がもらえちゃうってところがまたすごいですね。イギリスにはまだまだおもしろい法律がありそうですね。
ちなみに、私の住むキャンベラは土地が全てオーストラリア女王(つまりイギリス女王)のものとなっていて、家を買うときに土地は99年のリースということになってます。これもよくわからんです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://ukstyle.blog6.fc2.com/tb.php/528-843a5952

HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。