旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007-06-04-Mon-09:08
ナショナルトラストLittle Moreton Hall リトルモートンホール

チェシャーにあるLittle Moreton Hall リトルモートンホール

チューダー様式の建物の中でも最も保存状態がよいものの一つに挙げられています。
美しいです。




思いっきり歪んでいますね。

館の周りに堀があってコイがたくさん泳いでいました。

DSC01709.jpg


ラッキーなことに、ガイドツアーが始まったばかりだったので、後をついていくことに。

この辺りは湿地のため、堀を作ることで排水を行い、地盤を安定させさせたのだろうということです。
堀の水を浄化するためにコイがいるのでしょうね、きっと。

DSC01762.jpg


門をくぐり中庭に出ると、正面に張り出した窓を持つ建物が目に入ります。
1559年、地元の大工リチャード・デイルが造った張り出し窓です。

DSC01721.jpg

"Richard Dayle carpenter made these windows by the gift of god"
(大工のリチャード・デイルが神に授かりこれらの窓を造りあげた)

綴りが違うのは、当時は綴りが統一されておらず、口語をそのまま書き表すことが一般的だったためなのだそうです。
(これが、大学のある都市に住む人や聖職につく人だとまた違うのかもしれませんが)

当時は家を長い間留守にする場合は、窓ガラスを全て外して持ち出していたそうです。価値のあるものですからね。外した窓には板を打ち付けて置くのだそうです。
なんとも大掛かりな話ですが、それができるほど裕福だということですね。
スポンサーサイト


Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://ukstyle.blog6.fc2.com/tb.php/533-f7ef95f1

HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。