旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007-06-25-Mon-05:23
ナショナルトラストポウィス城 Powis Castle

イングランドとの国境に近いポウィス城Powis Castle (Powys Castle)に行ってきました。

うち(イングランド北西部)からだと、ウェールズとイングランドの国境線に沿って南下するので、何度イングランドを出たり入ったりしたことか。



ポウィス城のオリジナルの部分は12世紀にウェールズの皇太子によって建てられました。

1587年にエドワード・ハーバートが城を購入、以後ハーバード家に受け継がれていきます。
清教徒革命の時代には、ハーバート卿が国王派を支持したために議会派によって一時期取り押さえられていました。

DSC01868.jpg


18世紀後半には、城の大規模な改装及び修復工事が行われたために、財政は困窮を極めていたのですが、それを救ったのが、ロバート・クライブ(Clive of India)の息子エドワードに嫁いだジョージの妹でした。

城内には、クライブがインドから持ち帰った宝物が数多く展示されています。

図書室のちょうど私の目線上に『クライブの日誌』という本が並んでいて、
「クライブって誰だっけ、確か海外で活躍した大物なんだけど…」と思ったものの、それ以上は出てこなかった…英国史勉強不足です。
昨日行ったビーストン城もそうですがウェールズ史が複雑でイマイチ理解できてません。
スポンサーサイト


Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://ukstyle.blog6.fc2.com/tb.php/556-38b338a9

Powys Castle

7/4・5と1泊で夫の学会先へ。 ウェールズとイングランドの境目に位置するNew Townという町にある大学所有の学会施設へ滞在しました。 4日の午後からウェールズでも綺麗に残されていることで有名なポウィス城(ウェールズ語:Powys

HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。