旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007-08-09-Thu-08:38
英国北西部で遊ぶノートン・プライオリー Norton Priory

ランコーンにあるノートン・プライオリーNorton Priory Museum & Gardens

DSC02046.jpg


11世紀にアウグスチヌス会の修道院として建てられ、16世紀の修道院解体以降はマナーハウスとして使われていました。

DSC02086.jpg


12世紀の建物の中に排水路がちゃんと整備されていたのがちょっと意外です。


さて、今回のお目当ては、中世のマージー川流域の商人たちのフェア(Medieval Mersey Traders )
レトロもの、古いものが好きな人間としてはたまりません。


マッドマックスに出てくる男の人にそっくりのおじ様は、木を細工して日用品を作っていました。
メガネも含めて14世紀の史実に則って再現したそうです。もっともメガネのレンズは水晶で高価なものだったのでお金持ちでないと身につけることは出来なかったそうですが、それでも出回っていたというだけでも驚きです。

DSC02052.jpg


↑のおじ様にこれ、なんだと思う?と1.2m程の長さの木を見せられて、
天秤棒とすぐに分かってしまった自分って、もしかしたらレトロな人間なのかも…
天秤棒の名前はヨークyoke、服のヨークと同じだ!

こちらはハーブ屋さん。薬局ですね。
中世の薬屋というと修道士のお仕事というイメージがあるのですが。
カドフェルの見すぎかな。
DSC02060.jpg


油を売っている最中のハーブ屋さんと大工さん。
大工さんは、当時の工法で小屋作りをしているところで、一本の丸太から梁となる木材を切り取り組み合わせていたのですが、暑さに負けて道具を磨きながら一休み中。
重労働ですよね。

DSC02061.jpg


この日は、今年一番の気温とかで、フエルト地のドレスは蒸し暑そうでした。
でも、当時はフェルトか麻がほとんどで綿がやっと出回り始めたのだそう。
絹なんて、特権階級しか着ることのなかった時代です。

続く
スポンサーサイト


Comment

2007-08-09-Thu-10:52
暑そうですが

麻だと逆に涼しすぎちゃうんでしょうか。
イギリスも最近は異常気象でしょうから、こんな服だとかなり暑いのでは?

2007-08-09-Thu-10:55
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007-08-11-Sat-13:53
yukiさん

さすがに普通のTシャツでも暑かったですからね、ひえ~、たまんないな、という感じでしたね。でも、全部麻よりは着心地はいいのかも??

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://ukstyle.blog6.fc2.com/tb.php/584-cc16a060

HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。