旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008-02-11-Mon-23:16
リパブールリバプールの旧正月

リバプールの旧正月に行ってきました。

午前中ずっと深い霧が出ていたのですが、午後には快晴に。
仕事が終わって駆けつけたときは、既にたくさんの人で賑わっていました。

中国製の門。特注ですって。

chinese new year


ご祝儀がついたレタスがまだあるってことは、獅子舞はこれからってこと。
獅子がレタスを食べて、ペッと吐き出すのが「縁起がいい」のだとか。

chinese new year2


爆竹の音がするほうへ行ってみたら、いました、いました。
でも、獅子じゃなかった。

DSC06930.jpg


後ろ向きなので分かりにくいけど、獅子舞じゃなくて麒麟。
前から見ると、中央の麒麟は黒い角、左の麒麟は白い角を持っています。

DSC06934.jpg


英語で「unicorn dance」とあったので一角獣と解釈してましたけど、係の人が背中に「麒麟團」と書いてある衣装をまとっていたので麒麟だと分かりました。

一角獣と麒麟って大分イメージが違うんですけど。

いやあ、息子に説明するのが難しかった。
「ほら、キリンビールについている、あの麒麟」
と、言ったのに、
「giraffe?」
おい、動物のキリンじゃないのよ。

この後で龍が出て獅子舞と続くのですが、さすがに買い物療法もしたかったので、ここで退散。

屋台のシュウマイに焼きそばを食べたのですが、何か味が薄くてぼけた味で全然おいしくない。
違う屋台で焼きそばをサイド挑戦したのですが、今度は辛すぎ。なんなんでしょ?
値段を考えると、日本の露店の焼きそばの方がはるかにおいしくて量もたっぷりだと思います。

いや、イギリスで質を求めちゃいけませんね。

この後で、口直しにケーキを食べたのは言うまでもありません。
スポンサーサイト


Comment

2008-02-13-Wed-11:06
てっきり

門て現地で作るんだと思ってましたが、
細かいところは中国で作るんですか。
横浜中華街の門もそっくりだけど、これは職人さんが来て作ってそうです。

2008-02-19-Tue-03:50
yukiさん

全部中国製でパーツに分けて運んだそうです。
まあ、向こうで作らせた方が、期限以内でできるんじゃないかと思ったり(笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://ukstyle.blog6.fc2.com/tb.php/656-fa9ad6e9

HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。