旬のイギリス

イギリス北西部から、フットワークの軽さを生かしてカメラと共に今日もドライブ! イギリスの素顔を綴ります。

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008-03-22-Sat-09:19
私の毎日Mashroom Risott & Wild Crayfish and Avocado salad

早起きしなくていいなんて、なんて素敵なのでしょう。

朝ゆっくりした後は、買い物へ。
明日はイースターだというのに雪が降り始め、体感温度は氷点下の世界。
予報でも雪といっていたのだけど、この辺りで雪が降るのは本当に珍しいのでびっくりです。

冷え切った身体を温めるためにPret A Mangerへ。
ここのサンドイッチはナチュラル志向なのだけど、息子がお目当てだった寿司は今日はなかった…
私が食べたのは、Mashroom Risotto(マッシュルームのリゾット)と No Bread Wild Crayfish & Avocado(ザリガニとアボカドのサラダ)

DSC00094.jpg


リゾットはマッシュルームの旨みがギュッと濃縮された味で、クリーミーだけど乳製品クリーミーではなくって本当においしかった。一口食べる毎に「おいしい~」と言ってしまう程。
ザリガニと言ってしまうと子どもの頃に釣ったアメリカザリガニを思い出してしまうので、ここは敢えてクレイフィッシュとしておきますが、このクレイフィッシュのサラダもおいしかったです。
フレンチドレッシングはもうちょっと量が少なくてもいいかな。初めからかかっているから自分で量が調節できないのが残念。



今でもS玉の農村部では、用水路でザリガニが簡単に釣れるのですよ。でも、農薬漬けになっているから食べちゃだめと言われました。
子どもの頃は、同じところで釣ったザリガニを寄生虫がいるから食べちゃダメと止められたことを思いだしました。根拠はどうであれ、とにかくその辺のものを獲って食べるなということなのでしょうか。

話はどんどんそれてしまいますが、その昔、祖母の家の庭の一角で叔父がしゃがんで七輪を焚いていたのです。
見ると、鶏にしてはあまりにも小さな鳥が、頭付き、足つきの丸ごとの姿で焼き網の上で焼かれていたのです。それだけでもかなりトラウマになる光景だったのですが、思い切ってどうしたのかと聞いたら空気銃で撃って仕留めたスズメだというじゃないですか。
で、「りさ、食うか?」とこんがりと焼けたスズメを突きつけられて勧められた時は、思わず母屋に逃げ込みましたよ。
醤油がこげた香りは確かにおいしそうではあったのですが、あれを見てしまったら、食べられませんって。


スポンサーサイト


Comment

2008-03-23-Sun-21:31
fishですか

日本だとザリ「カニ」ですが、そちらじゃ何でも魚なのかな?
Crayってあたり、泥臭そうです。

2008-03-24-Mon-01:32
yukiさん

イギリス人に味の差とか、見た目の違いとかそんなの区別するのを求めちゃいけません(笑 全てフィッシュでいいんです。
紅茶だって、いいお茶=PG TipsとかYorkshire Teaですもん。
日本人の方が絶対に紅茶の種類知ってますよ。
日本だとザリガニって淡水に棲んでいるのしか知りませんが、イギリスだと海水が混ざった河口でしか捕ったことがないのです。ベーコンで釣るんですよ。エビと同じで肉食ですよね。そんな理由で食べるのを嫌う人が結構いたりします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://ukstyle.blog6.fc2.com/tb.php/669-60bc9202

HOME

こちらもヨロシク!

アーカイブ

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

管理人とこのブログについて

りさ

りさ



◆長い冬眠から覚めたばかり。空腹中なので餌を与えないでください。
というよりアガサ・クリスティみたい、とか言われてみたい。(身の程知らず)

相変わらず好きなモノや好きなコトを写真で綴っています。
タイトル画像はSuperLambBananaもどき。

◆過去ログはこちらへ

FC2Ad


◎BlogPeople◎


tbp05700-1.gif tbp05298-0.gif

Bloglinesで閲読登録 Subscribe with livedoor Reader



笑うロンドン留学! 無駄なお金をかけずに楽しむ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。